サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > AIで路線バスの乗客転倒を防止、フジクラなど安全監視システムの実証実験開始

ここから本文です
フジクラ、山梨交通、エジソンエーアイの3社は、AIを用いた路線バスの乗客安全監視システムの実証実験を10月18日より山梨県甲府市にて開始する。営業走行中の路線バスでのAIを用いた乗客監視エッジコンピューティングの実証実験は日本初となる。

バス車内で発生する事故のうち65%は、加減速時に車内を移動する乗客の転倒によるもので、特に高齢者に多い事例となっている。今回の実証実験では、車内カメラの映像をもとに、独自開発したAI画像解析システムを使って乗客の姿勢を解析した結果を運転手にリアルタイムで伝える仕組みを、実際に運行する路線バスに搭載する。

おすすめのニュース

サイトトップへ