サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > コーナリング速度向上のフェラーリ、今度は直線が弱点に?「ドラッグ低減が急務」とベッテル

ここから本文です
 カタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテストの後半2日目でトップタイムを記録したのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。ただ、1分16秒841というベストタイムは、テスト前半最終日にメルセデスのバルテリ・ボッタスが記録したものより1秒も遅かった。

 昨年のフェラーリのマシン『SF90』は直線スピードに秀でたマシンだったが、今季の『SF1000』はコーナリングスピードの向上に焦点を当てて開発を行なった。しかしその結果、今度は武器であった直線スピードが損なわれてしまったようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ