サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ペレスの優勝により、話は終わった」アルボン後任候補だったヒュルケンベルグ、レッドブルF1との議論を振り返る

ここから本文です
 ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年シーズンのレッドブル・レーシング加入寸前までいったことから、今シーズンの彼らを見るのが辛いと話した。

 ヒュルケンベルグは2019年末にルノーのフルタイムのシートを失ったが、昨シーズンはレーシングポイント(現アストンマーティン)から3戦に出場した。セルジオ・ペレス、そして彼の後にはランス・ストロールが新型コロナウイルスに感染したため、ヒュルケンベルグが代役を務めたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ