サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型ヴィッツは、ダウンサイザーも満足させるクオリティで魅力的なモデルに仕上がっていた【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、トヨタ ヴィッツだ。

トヨタ ヴィッツ(2010年:フルモデルチェンジ)
40~50歳代に入り、子どもの手が離れた(親と遊んでくれなくなった)世代になると、フル乗車の遠出はめっきり減り、大きいクルマに乗る必然性は薄まる。ならばコンパクトな方が小回りも利き、燃費も良いはず。そこで家のクルマをダウンサイズしようと考える人は少なくない。だが、真剣に候補を考えると、これがかなり悩ましい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン