サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダファン「涙」の消滅! 他メーカーにはない「らしさ」全開の絶版車4選

ここから本文です

マツダファン「涙」の消滅! 他メーカーにはない「らしさ」全開の絶版車4選

 マツダにしかできない独創性に根強いファン多し

 現在は車名をグローバルと同じく「MAZDA○」や「CX-〇」、「MX-〇」といったタイプに変更しているマツダ(ロードスターを除く)。デミオがMAZDA2になったように、その意思を受け継いでいるモデルもある一方で、消滅してしまったマツダ車も少なくない。

RX-7&8だけじゃない! バスやトラックまであるマツダのロータリーエンジン搭載の「意外な」モデルたち

 そこで今回は、現在は姿を消してしまったマツダの過去の名車を振り返ってみたい。

 1)MPV

 ロードスターと同じく、マルチパーパスヴィークルという車型をそのまま車名にしてしまったMPV。初代モデルは1988年に北米市場向けにリリースされ、日本では1990年1月から販売がスタート。

 まだミニバンという言葉が浸透していなかった時代の車両であったが、アメリカ向けということもあり、広い車内と3リッターV6の余裕の動力性能は新たな魅力にあふれていたのだ。

 1999年には2代目へフルモデルチェンジ。ミニバンブーム真っ只中ということもあり、スライドドアを備えたモデルとなり、当時提携関係にあったフォード製V6エンジンをラインアップしていた。

 2002年4月のマイナーチェンジでは、2リッターと2.5リッターのエンジンを新開発の2.3リッターと3リッターへと置き換えられている。

 2006年に登場した3代目はマツダらしいスポーティなミニバンとなり、マツダスピードアテンザなどにも搭載された2.3リッターターボエンジンを搭載したグレードも設定。

 残念ながらマツダのミニバン撤退の影響を受けて2016年に終売しているが、マツダらしい走りのよいミニバンとして、未だにファンが多いモデルだ。

 2)ランティス

 カペラの後継車種として登場したクロノスが3ナンバーとなったことで、ファミリアとクロノスの間を埋めるために1993年に登場したランティス。

 ボディタイプは4ドアクーペと名付けられた5ドアハッチバックボディと4ドアセダンが用意されていたが、エクステリアはまったくの別物。じつはそれぞれ異なる新型車として開発されていたのが理由とされている。

 エンジンは直列4気筒1.8リッターのほか、V型6気筒2リッターをラインアップ。4ドアクーペは当時の全日本ツーリングカー選手権への参戦を視野に入れて開発されており、ニュルブルクリンクでの走行テストも実施されるほどだった。しかし、残念ながらレースでの活躍は叶わず、早々にファミリアへバトンタッチしている。

 マツダのヨーロッパ拠点がデザインしたエクステリアはクセが強く、好き嫌いの分かれるものだったが、実質的な後継車種もないため、根強いファンの多い1台である。

 マツダはミニバンもプレミアムコンパクトも得意だった

 3)ビアンテ

 背の低いプレマシーと大柄なMPVという2つの3列シート車の間を埋めるために、2008年に登場した2リッタークラスのミニバンがビアンテだった。

 ノア/ヴォクシーやセレナといった競合がひしめくジャンルに投入されたビアンテは、あえて5ナンバーサイズにこだわることを捨て(ベースとなったのがアクセラ系のプラットフォームだったということもあるが)、同クラスのミニバンとしてはもっとも広い室内空間とスライドドアの開口部面積を誇っていた。

 エクステリアもマツダらしいダイナミックなもので、ヘッドライトがフェンダーを貫きサイドウインドウと一体化しているようなデザインとなっており、走りもマツダ味の強いファンなものであったが、知名度に勝るライバルには歯が立たず、フルモデルチェンジされることもなく2018年に10年に渡るモデルライフに終止符を打った。

 4)ベリーサ

 2代目デミオをベースとした上質なプレミアムコンパクトとして2004年6月に登場したベリーサ。プラットフォームやパワートレインこそデミオと共通であるが、内外装はデミオとは全く異なる意匠となっている。

 とくに上質感には力が入れられており、ピアノブラックを用いた内装や、このクラスの車両としては珍しい本革シートの採用、2重としたウェザーストリップや厚みを増した静音ガラスなど、プレミアムコンパクトに恥じない力の入れようとなっていた。

 登場から12年という長いモデルライフとなったベリーサではあったが、定期的に特別仕様車が設定されるなど、商品力の向上には余念がなく、大ヒット車種とまではならなかったものの、一定の評価を集めたモデルと言えるだろう。

 現行MAZDA2のプレミアム路線の影には、ベリーサのときの経験が生きているのかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します