サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 01】スバル インプレッサWRXは、いつの時代も硬派なスーパースポーツセダンだった

ここから本文です
今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを、当時の写真と記事で振り返ってみよう。第1回は、スバル インプレッサWRX(2代目)だ。

スバル インプレッサWRX(2代目:2000年)
2000年の8月に2代目にフルモデルチェンジされたインプレッサは、セダンは硬派な4WDスポーツ系のWRXのみ、ワゴンはスポーツ系のWRXに加えて女性ユーザーも意識した1.5LのFFモデルも設定したソフト路線との2本立てと、きわめてシンプルなラインアップで登場した。

おすすめのニュース

サイトトップへ