サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハータが完勝。王者争いはパロウがリードしオワードと一騎打ちに/インディカー第15戦モントレー決勝

ここから本文です

 ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカで争われたNTTインディカー・シリーズ第15戦モントレーGP。19日に行われた決勝レースは、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)が勝利し、シーズン2勝目を挙げた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、追い上げをみせるもマシンにダメージを負いリタイアとなった。

コークスクリューで痛恨のスピンを喫した佐藤琢磨「レースではスピードがあって何台も抜けた」

 ポールポジションからスタートしたコルトン・ハータは、今年もラグナセカでは無敵だった。95周のうちの91周をリードしての優勝を飾った。父ブライアンと並ぶラグナセカ2勝目をハータ二世は2回目の挑戦で早くも成し遂げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン