サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファタウリ・ホンダのトスト代表、「新型コロナウイルスの感染拡大が、支出に関するチームの”認識”を変えた」と主張

ここから本文です
 アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、2020年は新型コロナウイルスの影響により大変なシーズンとなったものの、このシーズンを過ごしたことにより、F1の経済的な持続可能性について、各チームが目を覚ますきっかけになったと考えているようだ。

 F1では、年々天井知らずに上がり続けるチームの活動予算額を抑えるため、2021年シーズンから各チームの年間活動予算額の上限を1億7500万ドル(約182億円)とする”ファイナンシャル・レギュレーション”を導入することを決めていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ