サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 近未来的なフルカバード・デザインを採用したホンダのスーパースポーツバイクCBRシリーズ

ここから本文です
■嵐の前触れ!バイクのデザイン性が現代風に開花!

 1987年(昭和61年)、250ccクラスで唯一のカムシャフトをギヤ(歯車)で駆動するエンジンや軽量で高剛性のアルミ製フレームなどスポーティな装備と走り味のCBR250FOURに追加された「CBR250Rハリケーン」は、1986年に発表されたCBR400Rのフォルムを踏襲したモデルです。CBR400Rのスタイルは、車体の大部分をフェアリングで包み込み、フェアリング内部の空気をダイレクトに車体後方へ流すなど、新しい考え方の空力特性を追求した近未来的なデザインでした。

おすすめのニュース

サイトトップへ