サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 阪口晴南、会心のアタックでPP獲得。「この位置を守れるよう頑張りたい」【第1戦GT500予選会見】

ここから本文です
 いよいよ開幕を迎えた2021年のスーパーGT。4月10日午後に行われた公式予選でGT500クラスのポールポジションを獲得したのは、代役として37号車KeePer TOM’S GR Supraをドライブした阪口晴南となった。アタックを担当したQ2ではチームメイトの平川亮を上回るタイムを記録する見事なアタックを披露した。そんなふたりが明日の決勝に向けて意気込みを語った。

平川亮
Q1担当/ベストタイム:1分17秒966
「オフシーズンのテストでは、いろいろなクルマのセッティングを試させてもらいました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン