サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車のボディカラーはグリーン系が流行!? 不人気色「緑色」のクルマが増えている理由

ここから本文です

車のボディカラーはグリーン系が流行!? 不人気色「緑色」のクルマが増えている理由

■日本のボディカラーランキングでワースト2の色は「緑」

 クルマのデザインを決めるのは、スタイリングだけでなく、ボディカラーも重要とされています。最近は、白、黒、シルバーなどの定番色だけでなく、カラフルなボディカラーやボディとルーフを違う色で塗り分けた2トーンカラーのクルマを見かけるようになりました。

カッコ悪かった「きのこミラー」なぜ減った? SUV・ミニバンの突起ミラーが消えた理由

 なかでも増えているのは、グリーンのボディカラーです。緑といってもさまざまな色味がありますが、とくにカーキやモスグリーン系のボディカラーが増加しています。

 世界有数のペイントメーカーで150年以上の歴史をもつ企業「アクサルタコーティングシステムズ」が発表した2019年版世界自動車人気色調査報告では、もっとも人気があるボディカラーはホワイト(38%)、黒(19%)、グレー(13%)と続きます。

 日本の人気カラーも、ホワイト(36%)、黒(27%)、シルバー(12%)と、トップ3は世界と変わりません。4位以降は青(9%)、赤(6%)、グレー(5%)となっています。

 一方で、日本でもっとも人気のない色はオレンジで全体の1%しかなく、その次に人気のない色として緑(1%)がランクインしています。

 人気がないボディカラーとされる緑色が、なぜ増えているのでしょうか。

 2014年に登場したスズキの軽自動車「ハスラー」は、軽ワゴンとクロスオーバーSUVを融合させた新たなジャンルのモデルで、国内累計販売台数は約48万台と、ヒットモデルとなりました。

 初代ハスラーの魅力は、「遊べる軽」というキャッチフレーズのように、可愛らしい見た目と、使い勝手の良いユーティリティなどアウトドア感にありましたが、色とりどりのボディカラーを取り揃えたことも人気の理由だといいます。

 一般社団法人 日本流行色協会が主催する「オートカラーアウォード2015」においてハスラーは、軽自動車として初めてグランプリを受賞。

「パッションオレンジ」「サマーブルーメタリック」「キャンディピンクメタリック」に設定されたホワイトルーフの組合せが評価されました。

 初代ハスラーのボディカラーについて、スズキの商品開発担当者は次のようにいいます。

「初代ハスラーが色でセンセーショナルを起こしまして、社内では『ハスラーは日本の風景を変えた』という人もいます。

 最初はカラフルなイメージが先行しており、オレンジ、ブルー、ピンクの構成比が多かったのですが、あとからカーキや赤×黒、ベージュの割合が増えてきました」

 登場初期のハスラーは、どちらかといえば男性ユーザーがポップなボディカラーを購入するケースが多かったのですが、最終的には女性ユーザーが全体の6割となり、さらにはカラフルなボディカラーよりも渋めのクールカーキがもっとも人気があったといいます。

 クールカーキの人気について、前出のスズキの商品開発の担当者は、次のようにコメントしています。

「先代ハスラーのクールカーキという色は、どちらかというと男性が選びそうな色というイメージですが、可愛いフォルムに渋い色というのが、逆に女性の好みを捉えていたようです

『この色だと夫婦で乗ることができる』といったかんじで、豊富なボディカラーを揃えることで、さまざまな層に受け入れられるのがハスラーの最大の強みでした」

※ ※ ※

 先代ハスラーの購入者は40代女性が多かったとされていますが、男女問わず、幅広い年代の人が購入しています。

 幅広い年齢層や性別を問わず人気のハスラーは、カラーバリエーションを揃えたことがヒットにつながったようです。

■グリーンをイメージカラーとするクルマも登場

 グリーンをボディカラーに設定するクルマは、増加傾向にあります。2020年3月19日に発売された三菱の軽トールワゴンの「eKクロススペース」もそのひとつです。

 eKクロススペースに設定されているのは「オリーブグリーンメタリック/ホワイトソリッド」という2トーンカラーで、SUVテイストを盛り込んだ同車のキャラクターをより際立たせる色として採用されました。

 なお、標準車の「eKスペース」にはオリーブグリーンメタリック/ホワイトソリッドは設定されていません。

 eKクロススペースは、カタログなどの訴求色として、このオリーブグリーンメタリックを採用しています。その理由について、三菱は次のようにいいます。

「eKクロススペースのSUVテイストをより引き立たせる色ということで、グリーンを訴求色としました。

 eKクロススペースより1年前に発売した軽ワゴンの『eKクロス』のメインカラーが黄色なので、ショールームで2台並んだときに黄色と緑で相性が良いためです。

 オリーブグリーンメタリックは派手すぎず落ち着いた色合いですが、主張する色でもあります。eKクロススペースのアクティブな印象に見せる効果があるというのもメインカラーとした理由です」

 黄色がメインカラーの軽ワゴン「eKクロス」にもオリーブグリーンメタリックが設定されていますが、こちらのルーフはホワイトではなく、チタニウムグレーメタリックという別の色が組み合わされています。

 市場調査によると、以前は燃費や経済性を重視するユーザーが多かったのですが、最近ではボディカラーを重視する人が多くなっていることがわかりました。

 ユーザーのニーズに応えるために、各車は豊富なボディカラーを揃えており、そのなかのひとつとして、派手ではないけど個性的ということで、グリーンのボディカラーを設定しているようです。

 また、ホンダも、2020年1月にマイナーチェンジした軽自動車「S660」に、新色の緑色のボディカラーを設定しました。

 S660のグリーンは「アクティブグリーン・パール」という色で、はっきりとした黄緑色のカラーです。eKクロススペースと同様に、このアクティブグリーン・パールをメインカラーとしています。

 ホンダ広報は「『デザインの深化』がモデルチェンジのコンセプトで、S660のスポーツカーイメージをさらに強く印象づけるために、新色をメインカラーに設定した」と説明しています。

※ ※ ※

 ほかにもさまざまな車種に、緑色のボディカラーが設定されています。

 レクサスはラグジュアリークーペ「LC」の特別仕様車「パティーナエレガンス」を限定発売し、専用ボディカラーのひとつとして「テレーンカーキマイカメタリック」を設定。優雅さと洗練された気品を際立たせたモデルとしました。

 また、ホンダでは、S660のほかに、SUVの「ヴェゼル」が2018年2月にマイナーチェンジした際に、洗練と妖艶を感じるカラーとして「シルバーミストグリーン」を追加しています。

 シルバーミストグリーンを選ぶユーザーは、全体の4.5%(2019年暦年)と、決して多くはないものの、個性的な色を好む人から根強い人気があるようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します