現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ

ここから本文です
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
写真を全て見る(18枚)

フィアットのオリビエ・フランソワCEOは2月25日、製品ラインナップの次のステップを明らかにした。常に変化する世界のモビリティ市場にフィアットは、『パンダ』にインスパイアされた製品コンセプトの新型車ファミリーを導入する。

◆パンダ、メガパンダ、ギガパンダ
新型車は共通のグローバルプラットフォームを共有し、電気、ハイブリッド、ICEパワートレインを用意して、世界中の顧客に提供される。2024年7月には新ファミリーの最初の車が発表され、その後3年間で毎年1車種ずつ新型車が発売される予定だ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
レスポンス
アウディ『50』の登場から50年---最初で最後の小型車
アウディ『50』の登場から50年---最初で最後の小型車
レスポンス
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
レスポンス
アルファロメオ ブランド初のBセグメントクロスオーバー「ミラノ」をワールドプレミア
アルファロメオ ブランド初のBセグメントクロスオーバー「ミラノ」をワールドプレミア
Auto Prove
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
これぞ真の「クロスオーバー」! 複数の強みが高次元で共存 ポールスター4 試作車へ試乗
これぞ真の「クロスオーバー」! 複数の強みが高次元で共存 ポールスター4 試作車へ試乗
AUTOCAR JAPAN
アルファ初の電気自動車「アルファロメオ ミラノ」登場!もちろんマイルドハイブリッドもあり
アルファ初の電気自動車「アルファロメオ ミラノ」登場!もちろんマイルドハイブリッドもあり
AutoBild Japan
固体電池を早くも実用化! 中国のEVセダンは競争激化で「価格も航続距離も性能も」驚異的な世界に突入していた
固体電池を早くも実用化! 中国のEVセダンは競争激化で「価格も航続距離も性能も」驚異的な世界に突入していた
THE EV TIMES
三菱製ハイブリッド搭載、新型『エクスパンダー』を公開 “買える”モーターショーで価格アピール
三菱製ハイブリッド搭載、新型『エクスパンダー』を公開 “買える”モーターショーで価格アピール
レスポンス
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN
ルノー新型「キャプチャー」世界初公開! 全長4.2m 日本でも人気のコンパクトSUVが欧州で大幅アップデート
ルノー新型「キャプチャー」世界初公開! 全長4.2m 日本でも人気のコンパクトSUVが欧州で大幅アップデート
VAGUE
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
Auto Messe Web
ポルシェ初の3列シートSUVをスクープ! 全長5mを超える3000万円級モデルか
ポルシェ初の3列シートSUVをスクープ! 全長5mを超える3000万円級モデルか
レスポンス
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
レトロでカッコいい新ミニバン登場? ルノーの名車「エスパス」EVとして復活の可能性
レトロでカッコいい新ミニバン登場? ルノーの名車「エスパス」EVとして復活の可能性
AUTOCAR JAPAN
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
レスポンス
マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • インゴ
    初期型の45に乗ってました。
    シートが外れたりダブルサンルーフだったりと乗っていて楽しい車でした。
    チープだけど心豊かになる車。
    そんな車になればいいけど違う感じになりそうね。
  • kei********
    初代パンダに34年乗り続けています。
    パンダは潔いくらい何もついていないシンプルなクルマなので、この手のものは後継にはあたらないよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0338.0万円

中古車を検索
パンダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村