サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズも、レーシングポイントへの控訴はせず「根本的な懸念は解消済み」

ここから本文です

 今季速さを見せているレーシングポイントだが、FIAはブレーキダクトの設計プロセスにおいて競技規則に違反があったとして、F1 70周年記念GPの金曜朝にレーシングポイントに対し40万ユーロ(約5000万円)の罰金とコンストラクターズポイント15剥奪の処分を言い渡した。

 しかし、技術規則的には問題がなかったとして、レーシングポイントはこのブレーキダクトを使い続けると見られている。

■マクラーレン、レーシングポイント裁判からの撤退を表明

 この”寛大な”ペナルティに対し、多くのライバルチームはFIAの裁定に上訴し、さらなるペナルティを求める意思を示した。

おすすめのニュース

サイトトップへ