サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズのカピト代表、新型コロナに感染。サウジアラビアGPに帯同せず

ここから本文です

 今週末に開催されるF1サウジアラビアGPを前に行なわれた新型コロナウイルスの検査で、ウイリアムズのチーム代表兼CEOであるヨースト・カピトが陽性判定となったため、サウジアラビアGPには帯同しないことになった。ウイリアムズが12月2日(木)に発表した。

「ウイリアムズ・レーシングは、今週末のサウジアラビアGPに向けてジェッダに渡航する前に行なわれた検査で、チームのCEO兼チーム代表であるヨースト・カピトが、新型コロナウイルスの検査で陽性であったことを確認した」

■ウイリアムズ創設者、フランク・ウイリアムズ亡くなる。享年79

 チームはそう声明を発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン