サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モデル初の3列シートを採用! メルセデスのプレミアムSUV「GLE」がフルモデルチェンジ

ここから本文です

モデル初の3列シートを採用! メルセデスのプレミアムSUV「GLE」がフルモデルチェンジ

 新開発の4MATICで走りを向上

 メルセデス・ベンツ日本は新型「GLE」を発表、本日2019年6月19日(水)より注文受付を開始した。納車は「GLE 450 4MATICスポーツ(ISG搭載モデル)」は本日から、「GLE 400 d 4MATICスポーツ」は8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降を予定している。

なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

 GLEは1998年に誕生したMクラスの後継車だ。Gクラスが軍用車両をベースとするSUVであるのに対し、M クラスは街乗りやファミリーユースにふさわしい、より万人向けを意識したモデルを目指して誕生。上質な内外装や、オンロード・オフロードともに優れた走行性能を備え、「プレミアムSUV」というカテゴリーを創設した。2015年の日本市場でのマイナーチェンジに伴い「GLE」と名を変え、現在はメルセデス・ベンツの中核であるEクラスファミリーのSUVという位置付けだ。

 GLEは今回のフルモデルチェンジで4代目となる。「プレミアムSUV」としての特性はそのままに、内外装を一新し、最新技術や装備を搭載して生まれ変わっているという。では内容を詳しく見ていこう。

 メルセデス・ベンツ新型GLEの走り

 全モデルに9G-TRONIC オートマティックトランスミッションを採用。1速から9速までの変速比幅を広くすることで、エンジン回転数が大幅に低減。これによりエネルギー効率と快適性を叶えている。「GLE 300 d 4MATIC」には50:50の固定トルク配分、「GLE 400 d 4MATICスポーツ」、「GLE 450 4MATICスポーツ」には前後100-0%~0-100%の連続可変のトルク配分を行うことでオンロード・オフロード双方の走行性を高めた。

 パワートレインは「GLE 300 d 4MATIC」にはGLEで初となる2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654」を搭載。最高出力245馬力、最大トルク500N・mを発生する。

「GLE 400 d 4MATICスポーツ」は最高出力330馬力、最大トルク700N・mとメルセデス・ベンツの乗用車では最高水準の出力を誇る3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を採用。

「GLE 450 4MATICスポーツ」には3リッター直列6気筒ガソリンエンジン「M256」とともに「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」、「48V電気システム」などの新技術を搭載した。エンジン単体では最高出力367馬力、最大トルク500N・m、電気モーター「ISG」は最高出力16kW、最大トルク250N・mを発生する。

 また以下の装備によって空力対策を行い、AMG仕様ではセグメントトップのCd値0.29を実現した。 ・最適化された形状のドアミラー ・サイドスポイラー(テールゲート上、Dピラーシールつき) ・大面積にアンダーボディパネルとプロペラシャフトトンネルのパネル ・アンダーボディと同一面にそろえた燃料タンクカバー ・リヤアスクルのエアロダイナミックカバー ・空力特性を最適化したディフューザー ・空力特性を最適化したモールディングを備えるエアカーテン(前輪)※ AMGライン仕様のみ ・ホイールとタイヤの空力特性最適化 ※ AMGライン仕様のみ

 メルセデス・ベンツ新型GLEのエクステリア

 フロントはクローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットでSUVとしての存在感を表現。

「GLE 300 d 4MATIC」の標準モデルはラジエターグリル内にツインルーバーデザインが装備され、AMGライン仕様と「GLE 400 d 4MATICスポーツ」、「GLE 450 d 4MATICスポーツ」ではダイヤモンドグリルとシングルルーバー、バンパー下部左右に配置された2本のフィンなどスポーティさを強調するデザインを採用している。

「GLE 300 d 4MATIC」AMGライン仕様、「GLE 400 d 4MATICスポーツ」、「GLE 450 d 4MATICスポーツ」に搭載されるマルチビームLEDヘッドライト(ウルトラハイビーム付)は片側84個のLEDを備える。2本のLEDポジショニングランプが印象的だ。

 サイドビューはMクラス時代から続く力強いCピラーと特徴的なリヤクォーターのガラスエリアのデザインを継承。

 またリヤコンビネーションランプはリフレクターが下部に移動したことで、スリムなデザインとなり、ボディのワイドさを際立たせている。

「ハイ、メルセデス」を搭載するほか安全性能も強化

 メルセデス・ベンツ新型GLEのインテリア

 ダッシュボードには2画面の12.3インチワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで融合した「コックピットディスプレイ」を装備。センターコンソールには大きなグラブハンドルを左右に設けた。デザインを一新したスイッチ類は金属の質感を出している。

「GLE 300 d 4MATIC」にはオプション、「GLE 400 d 4MATICスポーツ」、「GLE 450 4MATICスポーツ」には標準で前席シートベンチレーターを装備。また温冷機能付きカップホルダーを採用し、長距離移動などの快適性を高めた。

 さらにホイールベースを先代より80mm延長し、居住性と積載性を確保。またAピラーを先代よりも直立方向に起こし、乗降性の向上を計った。

 2列目はこのセグメントのSUVでは世界初の6ウェイパワーシートを標準装備。レッグルームは先代を69mm上まわる1045mmとなった。左右のシートは約100mmの範囲で電動で前後スライドが可能。40:20:40分割可倒式バックレストは電動角度調整式で、左右ヘッドレストは電動調整式だ。

 また特筆すべきはGLE初の3列目シートが全モデルに標準装備されたこと。2人掛けで可倒式となっている。

 3列目シート使用時の荷室スペースは160リットルで、2、3列目シートを倒すと最大2055リットルまで広げることができる。またトランクスルーで積み込める横幅は72mm拡大されたことで長尺物も積載しやすくなった。

「GLE 400 d 4MATICスポーツ」にAMGライン装着の場合、また「GLE 450 4MATICスポーツ」に標準装備されるAIRMATICサスペンションはスイッチ操作によりリヤの車高が約40mm下がり、よりスムースな荷物の積み下ろしが可能となる。

 メルセデス・ベンツ新型GLEの先進&安全機能

 Sクラスと同等の最新の運転支援システムを全グレードに標準装備した。

「アクディブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能つき)」は機能が強化され、右折時に対向車線を直進してくるクルマを衝突する危険がある場合、車速が時速10km以下であれば自動ブレーキが作動する。近ごろよく問題視される右直事故の防止にも有効だろう。そのほか搭載される機能は以下。 ・アクティブステアリングアシスト ・渋滞時緊急ブレーキ機能 ・アクティブレーンチェンジングアシスト ・アクティブレーンキーピングアシスト ・アクティブエマージェンシーストップアシスト ・緊急回避補助システム ・トラフィックサインアシスト ・アクティブブラインドスポットアシスト ・PRE-SAFEプラス(被害軽減ブレーキつき後方警報システム) ・PRE-SAFEサウンド ・ドライブアウェイアシスト ・アクティブパーキングアシスト ・マルチビームLEDヘッドライト(ウルトラハイビームつき)※「GLE 300 d 4MATIC」はAMGライン仕様のみ、「GLE 400 d 4MATICスポーツ」と「GLE 450 4MATICスポーツ」は標準装備 またAクラスに初採用され話題となった対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を搭載。「Hi, Mercedes(ハイ、メルセデス)」と声を発すると起動し、ナビの目的地のセットや電話通話、音楽選択、空調や照明の調整をボイスコントロールできる便利機能だ。

 また24時間緊急通報サービスのほか、スマートフォンでのドアの開閉や車両ステータスの確認、車載された通信モジュールを利用したナビの目的地の設定が行えるコンシェルジュサービスなどを提供するテレマティクスサービス、「Mercedes me connect(メルセデスミーコネクト)」を標準装備した。

 メルセデス・ベンツ新型GLEの価格

 各グレードの価格は以下となる。

 また2019年6月19日にメディアに向けて行われた発表会では、メルセデス・ベンツ日本代表取締役 兼 CEOの上野金太郎さんから、新型GLEの登場に合わせてメルセデスのSUVの特設サイトが開設されることも発表された。

 サイト内ではメルセデスのSUVで日本各地の魅力を再発見するという企画が実施される。第1弾の新型GLEでは日本で活躍する一流の方をアンバサダーとして起用し、アンバサダーたちのライフスタイルや言葉を通してメルセデスのSUVモデルと日本の知られざる魅力に迫るといった内容になるとのこと。

 発表会には、アンバサダーを務めるプロサーファーの大野修聖さんが駆けつけ、「これからは今まで挑戦したことのない波をこのGLEとともに進んでいきたいです」とコメントした。

 締めくくりには上野社長より、「2019年はGLE以外にもSUVを発表する予定です。また7月4日には電気自動車のEQCも発表します。その後もAMGモデルなど多数のお客様のニーズに答えるべくモデルを続々とお届けしていく予定なので、ぜひご期待ください。」と語られた。

 今後もメルセデスの挑戦と進化に注目していきたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します