現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エアロパーツ選びで大事なのはバランス! 前後の取り付け注意点とは?~カスタムHOW TO~

ここから本文です

エアロパーツ選びで大事なのはバランス! 前後の取り付け注意点とは?~カスタムHOW TO~

掲載 4
エアロパーツ選びで大事なのはバランス! 前後の取り付け注意点とは?~カスタムHOW TO~

リップスポイラーやウイングなどのエアロパーツは見た目にも派手だが、どうせなら空力的な効果もあってほしい。いやむしろそれを狙って装着する人もいる。ではどんなパーツなら効くのだろうか。

エアロパーツとはその名の通り、空力的な効果を持つパーツのこと。しかし、実際はバンパーやサイドステップなど見た目のスポーティさを高めるためのパーツとしての役割が大きい。地面との隙間を埋めることでクルマをより低く見せることができる。しかし、もちろんエアロパーツとしての機能的な役割を目指して作られているものもある。

必見! ホイールナットの選び方完全ガイド“安全とスタイリッシュ”なカスタマイズを両立させる方法~カスタムHOW TO~

今現在日本国内で販売されているエアロパーツで、本格的な風洞実験を行って形状を決めているものはほとんどないに等しい。多くのメーカーではスタイリングをメインに形状を決めている。レースの実戦に投入し、そこでドライバーからの評価を確認。その上で何パターンかの形状の中から市販する形状を決めていたりすることもある。

実際風洞実験は実車が入れられる施設がほとんどなく、自動車メーカーと一部大学くらいにしかない。モータースポーツの世界でも実車が入れられるものは少ない。国内では三重大学にあるものが知られていてエアロパーツメーカーのVOLTEXでは幾度も形状のテストを行って来ている。そのため完全に結果から導き出された形状のものは数少ないというのが現状なのだ。しかし、その中でも本格的な実験を経て設計されたというのがGRパーツの86用リップスポイラーだ。

こちらは風洞でのテストを行ったとアナウンスされていて、実際にフロントのリップスポイラーによってダウンフォースの増加が確認されているという。同時にリアスポイラーも同様に設計されていて、セットで使用しないと車両バランスが崩れるほどだという。実際、86に取り付け、取り外しテストを富士スピードウェイで行った。

その結果はプロドライバーによると「効果の有無は体感できる。とくにフロントリップスポイラーだけを装着すると相対的にリアのグリップが足りなくなりかなりオーバーステアになる。リアにもスポイラーを付けたところバランスが取れた」という。それほどまでに大きな変化が現れたのだ。「アマチュアドライバーの皆さんは必ず前後同時に装着してもらいたいです。とくにフロントリップスポイラーだけ装着すると相当リアが滑りやすくなり、アマチュアには危険なレベルですね」というアドバイスももらったほどだった。

その結果から、リップスポイラーなどは形状によってダウンフォースが起きているのか、抵抗が増えてそれによって安定感が増していると感じるのかは難しいところだが、ある程度の効果は期待できるのである。そうなるとむやみにフロントだけ付けるとか、リアだけ付けるのはバランス的に危険であるという。フロントに空力効果が高めれば相対的にリアのグリップが不足していると感じやすい。それはすなわちリアが滑りやすいということ。

逆にリアにウイングだけ取り付けたらフロント荷重が足りなくなり、ふとした時にアンダーステアが出てしまうかもしれない。高速道路やワインディングレベルでも危険な挙動が現れかねないのがエアロパーツの効果なのだ。なので選ぶ際は前後のバランス重視して選びたい。サーキット走行での効果を狙うなら、サーキットやレースでの開発を謳っていたり、実際に使用されているメーカーのエアロパーツを選んでもらいたい。

そして、それらを活かすのに重要なのはきちんとした取り付けだ。リップスポイラーをつければバンパーは下方向に引っ張られることになる。その時にバンパーが外れないように、ダウンフォースをしっかりボディに伝えられるようにステーの追加などは欠かせない。間違ってもタイラップ留めではバンパーが簡単に外れてしまう可能性もある。

リアウイングもトランク内側に補強を入れるなど対策が必要になることもある。意外とトランク上面は簡単に凹んでしまい、ダウンフォースがボディに伝わっていないことも多い。タイムアタック車両ではトランク内にステーを追加してダウンフォースを直接フレームに伝える構造になっていることも多い。

ストリートカーの場合そこまでは不要だが、思っているよりもウイングは効果が高いことを認識した上で取り付けはプロショップで行ってもらいたい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その3
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その3
グーネット
注目は三菱副社長に日産常務が就任、そのほかZFの新型8速ATなども…有料会員記事ランキング
注目は三菱副社長に日産常務が就任、そのほかZFの新型8速ATなども…有料会員記事ランキング
レスポンス
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
AUTOSPORT web
【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!
【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!
AutoBild Japan
21インチホイールも抜かりなくブラック ボルボXC60最高峰モデルにブラックエディション登場
21インチホイールも抜かりなくブラック ボルボXC60最高峰モデルにブラックエディション登場
AUTOCAR JAPAN
市販化するの!? 丸目4灯の70's風「新型レトロスポーツカー」熱望の声に応える! 光岡
市販化するの!? 丸目4灯の70's風「新型レトロスポーツカー」熱望の声に応える! 光岡
乗りものニュース
日産、商用バンの「AD」に踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備とする仕様変更を実施
日産、商用バンの「AD」に踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備とする仕様変更を実施
月刊自家用車WEB
レクサスが高級SUV「新型NX」を初公開! ド迫力の爆ゴツ「アウトドア仕様」も発表! “超タフ”でカッコいい新仕様「オーバートレイル」とは
レクサスが高級SUV「新型NX」を初公開! ド迫力の爆ゴツ「アウトドア仕様」も発表! “超タフ”でカッコいい新仕様「オーバートレイル」とは
くるまのニュース
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
motorsport.com 日本版
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
AUTOSPORT web
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
乗りものニュース
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
くるまのニュース
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
バイクブロス
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイクブロス
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
ベストカーWeb
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
Auto Messe Web
もうひとつのHONDAパワー「大型船外機BF350」最後発だからこそ、最高のものができた。
もうひとつのHONDAパワー「大型船外機BF350」最後発だからこそ、最高のものができた。
Webモーターマガジン
パーツが出来上がるのが遅過ぎる! ウイリアムズ新加入のパット・フライCTO嘆く「こんなのは見たことないし、二度と経験したくない」
パーツが出来上がるのが遅過ぎる! ウイリアムズ新加入のパット・フライCTO嘆く「こんなのは見たことないし、二度と経験したくない」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • kep********
    バランス云々の前にちゃんと車検適合(法律遵守)させてください。大概が突起物の規格に違反してるか要構造変更な代物。
    それさえ出来ていればどれだけ派手だろうがダサかろうが好きにしてちょ、なので。
  • ats********
    普通の道を普通に走る程度なら、エアロなんて見た目だけのハッタリ。
    こないだ見たFDは車高下げて派手なエアロ付けてんのに、ブレーキランプが左右とも球切れしてハイマウントだけしか点灯してない間抜けっぷりw

    車が好きでもないのにファッションで乗ってるとか超絶ダッセーww
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

57.7848.1万円

中古車を検索
86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

57.7848.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村