サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本の大衆車「トヨタ・カローラ」 前輪駆動で大ヒットした5~8代目を振り返る

ここから本文です

時代を物語るキャッチコピー

 日本でも5本の指に入る長寿車、トヨタ・カローラのセダンとワゴンがフルモデルチェンジされたのはご存じの方も多いだろう。1966年に日本の国民車として登場してから現在に至るまで通算12代の中から、今回は5代目から8代目までを振り返ってみたい。

「クジラ・ダルマ・ブタケツ……」ユニークな愛称で親しまれたクルマ10選

5代目(1983年-1987年)

 他社メーカーから販売されていたファミリーカーはFF(前輪駆動)化が進んでいたが、カローラはやや遅れ気味の登場となって、5代目から後輪駆動(FR)から前輪駆動(FF)にバトンタッチ。

おすすめのニュース

サイトトップへ