サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、ラリーでリフレッシュ! ポール・リカールで開催のイベントで優勝

ここから本文です

 2019年のF1世界選手権でランキング2位となったバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、ポール・リカール・サーキットを一部使用して行なわれたラリーで優勝を飾った。

 ボッタスはWRCカーで参加した5人の内のひとりとして、シトロエン・DS3 WRCをドライブ。9ステージ中5ステージを制する活躍で、ヨーロッパラリー選手権などに参戦経験を持つロバート・コンサニを50秒差で下した。

■夢のチャンピオンチームに……2021年に向けメルセデスに“売り込む”ドライバーたち

 シュコダ・ファビア R5を駆るコンサニは第1ステージこそわずかにリードしていたが、第2ステージでボッタスが首位に立つと、そこからじりじりとリードを広げていった。

おすすめのニュース

サイトトップへ