サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽自動車規格のケータハム復活! 「セブン 170」が史上最軽量の量販車として日本でも発売

ここから本文です
2021年9月23日、英国ケータハムカーズはケータハム史上最軽量の量産車となる「セブン(SEVEN) 170」を発表。同日に日本でも発売が開始された。

ロード志向のSモデルとサーキット志向のRモデルを設定
1950年代に誕生したロータスのライトウエイトスポーツカー、「ロータス 7(セブン、通称:スーパーセブン)」の生産権を引き継いで「ケータハム セブン(SEVEN)」として製造を続けているイギリスの小さな自動車メーカー、ケータハム。現在は日本のVTホールディングスが連結子会社化し、日本ではケータハムカーズ・ジャパン(エスシーアイ)が販売している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン