サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 100年続くにはワケがある! スズキの底力を思い知らされる歴代名車8台

ここから本文です

100年続くにはワケがある! スズキの底力を思い知らされる歴代名車8台

スズキは創立100周年を迎えた

 日常の足となる軽自動車やコンパクトカーを得意とするスズキが2020年3月15日、鈴木式織機株式会社の創立から数えて100周年を迎えた。

【歴代ジムニー大全・初代編】実用第一主義だった初代ジムニーは男のくるまだった

 第二次世界大戦後に二輪車、四輪車、船外機、発電機へと事業を拡大していったスズキは海外への展開も早く、1975年にはパキスタンでジムニーの組立を開始。今やスズキにとって最大の市場となっているインドでは83年より四輪車の生産を始めている。

 そんなスズキの歴史の中で、特に画期的だった四輪車8台を振り返ってみよう。

【スズライトSS】

 スズキ初の四輪車、そして日本初の量産軽自動車として1955年10月に発表されたスズライトSSは、359ccの空冷2サイクル2気筒エンジンをフロントに搭載。

 これで前輪を駆動する、日本初のFF車でもあり、技術面でも日本の自動車史に残るパイオニアとなった。

 なお、車名であるスズライトの「スズ」は「スズキ」の略で、「ライト」には「軽い」という意味に加え「光明」という意味も持たせられている。

【ジムニー(初代)】

 軽自動車初の本格オフローダーとして1970年に誕生した初代ジムニーは、軽トラックであるキャリイのものを基本とした359cc空冷2サイクル2気筒エンジンを搭載。

 ラダーフレームに前後リジッドアクスル、パートタイム式4WD、大径タイヤといった、道なき道を走るための基本構成は、最新の4代目ジムニーにまで引き継がれている。

【アルト(初代)】

 高度経済成長とモータリゼーション、その後の大気汚染やオイルショックを経て1979年に誕生した初代アルトは、機能優先、シンプルなスタイル、47万円という低価格、この3つを柱とした、極めて実用的な軽自動車だった。

 またこの低価格を実現するため、グレードも1種類に絞られていた。これが1車種あたりのグレードとメーカーオプションが少ない、現在のスズキのモデル構成に活かされている。

【アルトワークス(2代目アルトベース)】

 軽ホットハッチの代名詞的存在であるアルトワークスの最初のモデルは、1984年にデビューした2代目アルトをベースとして87年に誕生。軽自動車初の3気筒DOHCターボエンジンは64psを発揮し、これが今なお続く軽自動車の64ps自主規制の端緒となっている。

 グレードは廉価版の「RS-S」、上級タイプの「RS-X」、クラス初のビスカスカップリング式フルタイム4WDを採用する「RS-R」の3種類があり、後二者にはエアロパーツが標準装備された。

【エスクード(初代)】

 トヨタRAV4やホンダCR-Vよりも6年以上早い1988年にデビューし、ライトクロカンの先駆けとなった初代エスクード。だが後発モデルのように乗用車ベースのモノコックボディではなく、ラダーフレームにリヤリジッドサス(フロントはストラット式)、副変速機付きパートタイム4WDを備えており、オフロード走行にも充分耐えうる設計となっていた。

 デビュー当初は全長3.5m強の3ドアのみだったが、90年には全長4m弱の5ドア車「ノマド」が追加されている。

【カプチーノ】

 オートザムAZ-1、ホンダ・ビートとともに「ABCトリオ」と呼ばれる90年代軽自動車オープンスポーツの1台、スズキ・カプチーノは1991年に登場。他の2台がリヤミッドシップを採用するのに対し、カプチーノはF6A型ツインカムターボエンジンをフロントミッドに搭載するFR車だった。

 軽自動車初の四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用するほか、ハードトップ、Tバールーフ、タルガトップ、フルオープンの4通りに使えるルーフ構造を備えていた。

【ワゴンR(初代)】

 バブル経済崩壊直後の1993年に生まれた初代ワゴンRは、それまでの軽自動車にないFF背高ワゴンパッケージを採用。FRベースの1BOX車に対してフロアを低く取れるため、全高1.7m弱ながら、大人でも乗り降りしやすく充分に広い居住空間、ユーティリティ、視界の広さを実現していた。

 また、70%もの部品を他車と共通化することで、最廉価グレードで79万8000円という低価格を可能にした合理的な設計も、軽自動車の世界に大きなパラダイムシフトをもたらした。

【スイフト(二代目)】

 2000年に発売された初代スイフトはプラットフォームをワゴンRワイド、ドアなどの外板を軽クロスオーバーSUVのKeiと共用する安価な小型車という位置付けだったが、04年デビューの二代目ではスズキ初のトーションビーム式リヤサスペンションを採用する登録車専用プラットフォームを新開発。

 欧州市場を意識して走りとデザインも劇的に洗練させたことで大成功を収め、08年5月にスズキ最短となる3年8ヵ月で世界累計生産台数100万台を達成している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します