サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルシア、コンチネンタル合弁のSASを子会社化…次世代コックピット戦略を加速

ここから本文です

フォルシア、コンチネンタル合弁のSASを子会社化…次世代コックピット戦略を加速

フォルシア、コンチネンタル合弁のSASを子会社化…次世代コックピット戦略を加速

自動車部品大手の仏フォルシアは、独コンチネンタルとの合弁会社である独SASの買収手続きが完了したことを発表した。

SASはフォルシアとコンチネンタルの折半出資により1996年設立。複雑な内装モジュールの生産などを行っており、2019年の売上高は約7億4000万ユーロ(約890億円)、従業員は約4490人。フォルシアは昨年10月14日、SASの株式50%をコンチネンタルから取得し、完全子会社化すると発表していた。

今回の買収はフォルシアの戦略「コックピット・オブ・ザ・フューチャー」を強化するもの。フォルシアが提供するシステムインテグレーションは今後、すべての内装モジュール、および照明や温度管理などの機能を網羅することになる。さらに、欧州、南北アメリカ、中国における20の施設を結ぶフォルシアのジャスト・イン・タイム工場ネットワークもより盤石なものになる。

SASは「SAS Interior Modules」と社名を変更し、エグゼクティブバイスプレジデントのハーゲン・ウィーズナー氏をトップとして、フォルシアの内装モジュール組立て事業を進めていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します