サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【国内試乗】「マツダ3」ソフトウエアの改良で走りの質が大幅向上!

ここから本文です

【国内試乗】「マツダ3」ソフトウエアの改良で走りの質が大幅向上!

マツダのコンパクトハッチバック&セダンのマツダ3が商品改良を受けた。内容はエンジンやダイナミクス性能、予防安全の進化など多岐にわたるが、その中でメインとなるSKYACTIV-Xについてリポートしよう。

制御技術のアップデートでエンジン特性が激変

【国内試乗】「ベントレー・ベンテイガ」並みいるライバルを引き離すべく大幅進化を遂げたラグジャリーSUV

マツダは新型車の導入後、数年でマイナーチェンジするというサイクルを取らず、1年前後で商品改良を行うという手法を採用している。それに則る形で、昨年11月にマツダ3が改良を受け、その試乗会が行われた。




今回の商品改良では、走行性能と安全性の向上が図られていたが、その中でもメインとなるのは、マツダ独自のSPCCI(火花点火制御圧縮着火)という燃焼方式を採用したSKYACTIV Xの進化だ。

具体的には、シリンダープレッシャーセンサーによる燃焼フィードバック制御の精度を高め、応答性を向上。また、EGR制御の精度を高め、より多くの空気をシリンダーへ加えることで、トルクと出力を向上。さらにはエンジンとATの応答制御を最適化することにより、過給と変速を早め、シャープな加速を実現。といったもので、SPCCIの燃焼制御を最適化することで、ほぼすべての回転域で出力とトルクを向上、最高出力は従来の180psから190ps、最大トルクは224Nmから240Nmへとそれぞれアップ、名称も新たに「e-SKYACTIV X」と改められた。

今回の試乗では、比較用に従来モデルも用意されていたが、乗り比べてみるとその違いは明らか。アクセルを踏み込んだ時のレスポンスも良くなり加速感も増している。正直言って、ソフトウエアの変更だけでこれだけの効果が出るのは驚きだ。
一方で、サスペンションの前後バランスも見直されたことで、乗り心地が良くなり、フラット感もアップしていたのも注目すべき点。これは前後スプリングの改良したことによるものだという。

ちなみにこのエンジンに関するソフトウエアのアップでデートは今後無償で用意されるというから、既存のオーナーにとっては嬉しいサービスと言えるだろう。

specification

【specification】マツダ3ファストバックXバーガンディ・セレクション
■車両本体価格(税込)=3,517,963円
■全長×全幅×全高=4460×1795×1440mm
■ホイールベース=2725mm
■トレッド=前1570、後1580mm
■車両重量=1420kg
■エンジン型式/種類=-HF-VPH/直4DOHC16V
■内径×行程=83.5 × 91.2mm
■総排気量=1997cc
■圧縮比=15.0
■最高出力=190ps(140kW)/6000rpm
■最大トルク=240Nm(24.5kg-m)/4500rpm
■モーター型式/種類=MK/交流同期電動機
■モーター最高出力=6.5ps(4.8kW)/1000r pm
■モーター最大トルク=61Nm(6.2kg-m)/100rpm
■バッテリー種類=リチウムイオン電池
■トランスミッション形式=6速AT
■燃料タンク容量=51L(プレミアム)
■燃費(JC08/WLTC)=-/17.4km/L
■サスペンション形式=前ストラット/コイル、後トーションビーム/コイル
■ブレーキ=前Vディスク/後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前215/45R18(7J)215/45R18(7J)

問い合わせ先=マツダ 0120-386-919

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します