サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > けっして最先端とは言えないのになぜ? タイムアタックといえば筑波サーキットと聖地化した理由

ここから本文です

F1も開催されるサーキットもあるのになぜ筑波?

 クルマやチューニングパーツの性能を評価する基準。パワーなどの数字やフィーリングと並び、説得力があるのはサーキット走行でのタイムだ。なかでも地域の差を超えて大きな指針とされているのが、茨城県にある筑波サーキット・コース2000におけるタイムで、カー雑誌では「筑波で何秒」という文字を頻繁に見かける。

「ハンコン」と「ゲーミングチェア」で筑波サーキットのタイムはどこまで縮まる?「グランツーリスモSPORT」で試してみた

 ラップタイムを正確に計測できることは当然として、設備の整ったサーキットがテストに適しているのは事実。しかし、日本には富士スピードウェイや鈴鹿サーキットをはじめ、全日本選手権が開催されるような規模の大きいコースが多数ある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン