サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPテルエル決勝:中上貴晶、PPからホールショット奪うも転倒リタイア。優勝はモルビデリ&スズキがダブル表彰台

ここから本文です

 モーターランド・アラゴンでの連戦となったMotoGP第12戦テルエルGPの決勝レースが行なわれた。優勝はペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリだった。


 スケジュールが平常とは異なり、MotoGPクラス決勝はMoto2クラスの前に実施。気温は21℃、路面温度29℃というコンディションでレーススタート時刻を迎えた。

■スズキ、チームオーダー発動はない? ランク首位ミル「リンスに対してフェアじゃない」 3 シェア

 注目の予選位置は中上貴晶(LCRホンダ)がポールポジションを獲得。2番手にフランコ・モルビデリ、3番手にはアレックス・リンス(スズキ)が並んでいる。

 23周の決勝レースがスタート。

おすすめのニュース

サイトトップへ