サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、LGBTQ+への支持表明したベッテルを称賛「素晴らしいことだし誇りに思う」

ここから本文です
 メルセデスのルイス・ハミルトンとアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルはF1ハンガリーGPの際、同国で可決された『反LGBTQ+法』に反対する旨の発言をしていたが、ハミルトンはベッテルが声を上げたことを「誇りに思う」とコメントした。

 反LGBTQ+法とは、先月ハンガリーで可決された、18歳未満の人々に同性愛やトランスジェンダーに関する描写を見せたり教えたりすることを禁止するという法律。これにはヨーロッパ中から非難の声が上がっており、EU加盟国の多くがこの法律を「性的指向、性自認、性表現に関する目に余る差別」だとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ