サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】アンドレア・イアンノーネ”ドーピング違反”で18ヵ月の出場停止処分。しかし故意の薬物摂取は否定される

ここから本文です

 アプリリアのMotoGPライダーであるアンドレア・イアンノーネは、ドーピング違反があったとして、18ヵ月間の競技禁止措置を受けた。しかし、イアンノーネが意図的にステロイドを摂取したわけではないことも認められた。

 イアンノーネは、昨年のマレーシアGPでWADA(世界アンチ・ドーピング機関)の検査を受けた際、アナボリック・ステロイド(筋肉増強剤)の陽性反応が出てしまった。再検査のでも、変わらず陽性と判定されている。

■ドーピング疑惑のイアンノーネ、開幕戦出場はムリ? アプリリア代表は今も“潔白”信じる 

 この検査結果により、イアンノーネは裁判が終了するまで、出場停止処分が科されることが、FIM(世界モーターサイクリズム協会)から伝えられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ