サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 日産/ニスモ スーパーGT2020 GT500クラス参戦体制発表

ここから本文です

日産/ニスモ スーパーGT2020 GT500クラス参戦体制発表

日産/ニスモは2020年1月10日、ニスモの片桐隆夫社長 兼 最高経営責任者からスーパーGT2020のGT500クラスに参戦する日産系チームとドライバーを発表した。

総監督は前年同様松村基宏氏。23号車は変わらず松田次生、ロニー・クインタレッリで3号車を平手晃平とGT500へ復帰する千代勝正のコンビとなった。12号車のインパルも佐々木大樹と平峰一貴組に。そして24号車は高星明誠とヤン・マーデンボローの4チームでチャンピオン奪還を目指す。

ブリヂストン ストリートラジアル史上最速を追求した「ポテンザ RE-71RS」を発売

スーパーGT500はドイツDTMとの共通技術規則「クラス1」に沿った新しい仕様となり、鋭意開発中である。

一方、日産/ニスモの2020年をフォーミュラEとスーパーGTを柱としたレース活動を行ない、高星明誠選手はフォーミュラEのリザーブドライバーも務める。すでにFEは開幕しており、1月18日は南米チリのサンチアゴで第3戦が予定されている。

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

スーパーGT2020

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します