サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドレミコレクションZEPHYR1100“Z2 Style”(カワサキZEPHYR1100)Zに比肩するゼファー1100コスプレ改【Heritage&Legends】

ここから本文です

ドレミコレクションZEPHYR1100“Z2 Style”(カワサキZEPHYR1100)Zに比肩するゼファー1100コスプレ改【Heritage&Legends】

自分のバイクをより楽しい存在にしてくれる!?
バイク・カスタムにおいては、ペイントこそポピュラーな手法だが、外装を別のバイクのものにするという手法はマイナーでもあった。

「このバイクが好きだからこのバイクの形」と考えるのが当たり前で、そこを変えるという発想がなかった。あるいは、ごく一部のカスタムファンが、ベースバイクを分からないようにしてしまうという手法で使っていた程度だった。

スズキKATANAの「特別色」もう見た?

それを逆手に取って表舞台に出し、積極的に外装を換えて楽しんでしまおうという手法にしたのが、ドレミコレクションの外装キットだ。

【同様手法によるゼファー750“Z2 Style”の記事はこちら】

そしてこのゼファー1100は、そのキットのうち“Z2 Style”と呼ばれるものを装着したものだ。

同社の代表・武さんは言う。

「ゼファー1100にも、弊社で扱ってきたZシリーズと同じようにパーツ製作をしようと思ったんです。それでいろいろやったんですよ。1100だと、曲がりにくいという点をまず何とかしようっていう感じです。レースにも参戦しましたし、かなり手を入れたんです。最終的には速く、曲がるようにはなったんですが、そうするためにかかる費用を考えたてみると、コストパフォーマンスが悪い。レースをやりたいのなら他のバイクを選んだ方がいいだろう。ゼファー1100を選ぶ人は、このバイクをZに似た雰囲気があるって選ぶんだろう、ならば必要なのはパフォーマンスパーツじゃない。ルックスを格好いいバイクのそれにすればいいじゃないかと思って、ゼッツー=Z2のスタイルを考えました」

燃料タンクは純正同様のスチール、サイドカバーやテールカウルも純正同様のABS樹脂で製作してキット化。装着方法も純正同様で、耐久性は純正同等以上を考慮。ウインカーやフォークエンブレム、フェンダー類といったショートパーツも用意して、より雰囲気を高める。

言わば、コスチュームプレイ=コスプレである。このコスプレ、大幅な変更なしで楽しめる。複数の塗色で揃えれば、それこそ日替わりにもできるほどだ。それでいて足まわりやエンジンは外装に影響を与えずに好きに作っていける。

今や、Zの代わりでゼファーに乗る人だけでなくて、ゼファーの素性がいいからゼファーに乗るという人も増えた。その上で、気軽にZの格好で楽しもうとか、中にはZを持っているけど普段はこのZ外装ゼファーで気兼ねなくバイクを楽しみたいという人も増えたようだ。

ところでドレミ“コスプレ”外装キットは海外、特にヨーロッパでの人気が高いという。その中で出遭いがちなのが偽物で、それらには気を付けてほしいとも武さん。

「1100用4本出しマフラーを例に取ると、ドレミ正規品はセンタースタンド可ですが、偽物はそうじゃないんです。そんな機能的な違いもあるようですし、そうした偽物には当社では関知できませんから、正しく選んでほしいです」

人気があるゆえの悩み。ここは正しく選んで、長く楽しみたい。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明
取材協力:ドレミコレクション
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します