サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅9位「ソフトスタートはきつかったが利点を生かして入賞につなげた」チームもタイヤ管理を高評価/F1第17戦

ここから本文です
 2021年F1アメリカGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は9位入賞を果たした。周囲がミディアムタイヤでスタートするなか、ソフトタイヤでグリッドについた角田は、そのアドバンテージを生かして1周目に10番手から8番手に上がり、9周目にピットストップを行うまでその位置を維持した。角田は16周目にポイント圏内に戻り、ハード、ハードとつなげて9位フィニッシュを成し遂げ、2ポイントを獲得した。

 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは「今日我々は裕毅によって入賞を果たすことができた。我々の努力に値する、素晴らしい結果だ」とコメントした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン