サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ディーゼル車の出す「黒煙」はもちろんキレイに見える排ガスも身体に悪影響?

ここから本文です

 黒煙を出すディーゼル車自体は減った

 ディーゼルエンジン車から、黒煙をともなう排ガスが出されることは少なくなった。それでも、ときにそんな黒煙を排出している古いディーゼル車を見かけることがある。

【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

 黒煙は、燃料の軽油が燃え切らないことによって排出される。1999年に東京都が実施したディーゼル車NO作戦以降、黒煙をなくすためディーゼル・パティキュラー・フィルター(DPF)と呼ばれる後処理装置を装備することになり、それが全国の排ガス規制にも適用され、今日ではほとんど黒煙を目にすることはなくなった経緯がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ