サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 10号車GAINERの大草がトップタイムも、まさかの再車検不合格。7号車BMWがPP|スーパーGT第3戦鈴鹿:GT300予選

ここから本文です
 2022スーパーGT第3戦鈴鹿の公式予選が行なわれた。GT300クラスのポールポジションは7号車Studie BMW M4だった。

 予定より10分遅れの14時55分にスタートしたGT300のQ1。A組で速さを見せたのは7号車Studie BMW M4。荒聖治が1分51秒179をマークし、トップでQ2に駒を進めた。ポイントリーダーの56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rも順当にQ1を突破した一方で、前戦富士で2位に入った34号車BUSOU raffinee GT-R、ランキング3番手の18号車UPGARAGE NSX GT3はここで敗退となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ