サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型スバル レヴォーグ、発表から8カ月過ぎても販売絶好調の3つの理由

ここから本文です
2020年10月にスバル レヴォーグがモデルチェンジされてから、8カ月が過ぎた。2代目となる新型レヴォーグはミドルクラスステーションワゴンというコンセプトを踏襲して登場、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を受賞するなど、専門家の評価の高い車だが、果たして販売状況はどうなのだろうか。

月間平均販売台数は3209台、出だしの販売は絶好調
「レガシィの後継車として新たな時代を切り開く」というスバルの思いがネーミングに込められたレヴォーグは、かつてのスバル レガシィツーリングワゴンの後継車だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン