サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド「最高のスタートでいいポジションを走っていたが、急にパワーを失った」:マクラーレン F1第8戦決勝

ここから本文です

 2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは13位でレースを終えた。

■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=13位
 最高のスタートが決まって9番手に上がり、ミディアムタイヤを履いていることを考えれば、本当にいいポジションにいた。そして、レースはそこから、さらに良い方向へ展開しそうに思えた。

ノリス5位「満足の結果。ある意味、予想どおり」マクラーレン/F1第8戦決勝

 ところが、そこで急にパワーを失ってしまったんだ。ステアリングホイールのダイヤルで直すことはできたものの、そうしてスタートで得たものをいったん全部失って、元のポジションからやり直しになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン