サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1チャンピオンを目指すアルボン、2020年型『レッドブルRB16』に大きな期待「シミュレーターではいい感触」

ここから本文です

F1チャンピオンを目指すアルボン、2020年型『レッドブルRB16』に大きな期待「シミュレーターではいい感触」

F1チャンピオンを目指すアルボン、2020年型『レッドブルRB16』に大きな期待「シミュレーターではいい感触」

 レッドブル・ホンダF1チームのアレクサンダー・アルボンは、F1での2年目となる2020年、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとの差を縮め、最終的には追い越したいと語った。フェルスタッペン同様、F1タイトルを狙って戦うことを目指すアルボンは、2020年型レッドブル『RB16』の競争力にも期待をしているという。

 2019年、トロロッソ・ホンダからF1にデビューしたアルボンは、12戦を終えた後、サマーブレイクの間にピエール・ガスリーと交代する形でレッドブル・ホンダに起用された。アルボンは昇格したベルギーGP以降の9戦中8戦で6位以上の成績をあげ、2020年の契約延長を勝ち取った。

レッドブルが2020年型『RB16・ホンダ』の発表日を明らかに。F1全10チームのローンチスケジュールが出揃う

 しかしチームメイトのフェルスタッペンはシーズンのなかで3勝を挙げ、ドライバーズランキング3位を獲得、圧倒的な強さを示した。アルボンはフェルスタッペンを倒してタイトルを獲得するために、向上を果たしたいと考えている。

「トップに立ちたい。上位争いをしたいと思っている」とアルボンは今週、Sky F1に対して語った。

「自分自身の改善が必要なことは分かっている。今はまだ目指す状態には至っておらず、努力している段階だ。改善しなければならないエリアがあると思う」

「(2年目の)今年は、これからのシーズンに何が起こるか分かっていると思う。すでにどのサーキットも経験済みだし、直面する可能性のあるあらゆるタイプのドラマを経験した」

「マックスを観察していく。データを見て、どこで彼が速いのかをチェックし、自分の改善につなげるんだ。彼がすごく速いドライバーだということに疑いの余地はないからね」

「同時に自分自身のことに集中し、ギャップを縮めていきたい。そして最終的には彼を追い越すことを目指す。それができればいいね」

 アルボンは、レッドブルの2020年型マシンについては、シミュレーターでは非常によい感触を持ったと、ポジティブな感想を述べている。

「去年から今年にかけて、かなりの時間、シミュレーター作業に取り組んできた。(プレシーズンテストの)バルセロナはこれからだけど、自分たちの方向性はすでに理解している。かなりいい気分だよ」

「皆、わくわくしている。チームは素晴らしいことを期待して興奮しているんだ。バルセロナでコースを走って、マシンがうまく機能するかどうかを確認するよ」

「もちろん、メルセデスはチャンピオンチームだ。僕らは進歩するだろうが、メルセデスとフェラーリもそれは同じだ。どのチームがどれだけ改善するか、一番大きく改善するのはどのチームなのかを見ていこう」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します