サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:トヨタ、競技2日目の6SS中5SSで最速。3SS制したエバンスには「みんなが驚いたと思う」とマキネン

ここから本文です
 1月24日に行われた2020年WRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロの競技2日目。ワークスチームとして3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じるTOYOTA GAZOO Racing WRTは、この日行われた6SS中5SSでトップタイムを刻む快走をみせ、セバスチャン・オジエが総合首位、エルフィン・エバンスが1.2秒差の総合2番手につけた。

 ラリー・モンテカルロの競技2日目は、サービスパークが設けられたフランス・ギャップを中心にフランス国内でSS3~8までが行われた。全6SSの合計距離は122.58kmで今大会最長距離で争われる1日だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ