サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プジョー新型208シリーズを発表。ガソリン、EVの2本立てでトヨタ・ヤリスやホンダ・フィットと真っ向勝負!

ここから本文です

プジョー新型208シリーズを発表。ガソリン、EVの2本立てでトヨタ・ヤリスやホンダ・フィットと真っ向勝負!

プジョー新型208シリーズを発表。ガソリン、EVの2本立てでトヨタ・ヤリスやホンダ・フィットと真っ向勝負!

 グループPSAジャパンは7月2日、プジョーブランドのBセグメントコンパクトカー、208シリーズの2代目を発表した。ガソリンモデルの『208』と電気自動車の『e-208』のふたつの異なるタイプのモデルは、デザイン、居住スペース、装備などガソリン車とEVで同等の内容。車両本体価格は『208』が239万9000~293万円(税込)。『e-208』は389万9000~423万円(税込)となっている。

 2代目となるプジョー208は、8年ぶりのフルモデルチェンジが行われたプジョーのコンパクトカー。最大の特徴は、フル電気自動車のe-208を追加した点にある。このe-208には駆動用バッテリーにリチウムイオンバッテリーが採用された。容量は50kWhで最高出力136ps、最大トルク260Nm、0-100km/h加速は8.1秒を誇る。

シトロエンからコンパクトハッチバックの新型『C4』と『e-C4 100%エレクトリック』が登場

 ドライビングモードは“SPORTS”“NORMAL”“ECO”の3つを用意。パワフルな走行から、エネルギーコスト重視のモードまで幅広く対応する。
 
 充電口はボディの左リヤ部にふたつのポートが設けられた。コンセント型(普通充電)の100%充電は18時間、ウォールボックス型(普通充電)の9時間で可能。チャデモ(急速充電)では約50分でバッテリーの80%までチャージすることができる。

 ガソリンモデルの208には、1.2リットルターボエンジンを搭載。この直列3気筒エンジンは最高出力100ps、最大トルク205Nmを発揮する。トランスミッションには8速ATが組み合わされ、燃費はJC08モードは先代比で約7%改善し、19.5km/Lを達成した。

 新型208のボディサイズは、全長4095mm(先代比+120mm)、全幅1745mm(同+5mm)、全高1445mm(同−25mm)、ホイールベース2540mm。これはBセグメントコンパクトカーの強豪、フォルクスワーゲン・ポロとほぼ同格となる。

 エクステリアは、丸みのあるシルエットで優しい印象の初代から大きく路線を変更。車高も低くなり、スポーティ度が高まった。

 そのフロントは、新世代プジョーのシグネチャーであるフルLEDの三本爪をモチーフとしたヘッドライトを配置。下方に伸びるデイタイムランニングライトの通称“セイバー(サーベルの意)”は、高度な三次元のデザイン処理が施されており、正面から見ると内向き、斜めから見ると直線的に、サイドから見るとタイヤ、フェンダーのラインと同心 円を描くように見えて、あらゆる角度でさまざまな表情を見せてくれる。

 リヤスタイルは、トランクリッド幅いっぱいのブラックバンドが走り、こちらにも三本爪をモチーフとしたテールライトが内蔵されているのが特徴だ。

■インテリアも大きく進化。上級モデルに匹敵する運転支援装備も

 また、新型208シリーズではインテリアの上質さと快適さに力が注がれ、デザイン、質感、機能ともに先代から大きく進化。センターコンソール上部には7インチのスクリーンが配置され、空調、オーディオ、ナビゲージョンシステム、車両設定などが行える。

 また、ステアリングホイール奥の3Dデジタルヘッドアップインストルメントパネルには、ホログラムによる情報投影が行われ、3次元でインフォメーション表示される。

 上級グレードの『GT Line』のシートはホールド性の高いダイナミックシートを採用。このシート素材にはアルカンターラ&テップレザーが用いられ、モダンな印象に仕上げられた。一方、『Allure』には長時間のドライブでも疲れにくいコンフォートシートが設定される。こちらのシート素材はファブリック&テップレザーを採用し、カジュアルな雰囲気を演出している。

 運転支援装備は、アクティブセーフティブレーキ、レーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロール、アクティブブラインドスポットモニターなどが備えられ、上級モデルに匹敵する内容となっている。

 各グレードの構成はガソリンモデルが『Style』(239万9000円)、『Allure』(259万9000円)、『GT Line』(293万円)の3グレード。EVのe-208は『e-208 Allure』(389万円)、『e-208 GT Line』(423万円)というふたつのグレードを揃える。ボディカラーはヴァーティゴ・ブルー、ファロ・イエロー、エリクサー・レッドの新色3色を含む6色展開だ。

 プジョーのジャン-フィリップ・アンパラトCEOは、この新型208について「プジョーブランドの進化の証」であるとコメント。

「パワートレインや内装のバリエーションなど、好みに合わせて自由に選んで楽しんでもらいたい」と続けている。

 新型プジョー208は全国のプジョーディーラーにて8月下旬~9月にデビューフェアを実施予定。e-208のデリバリーは2020年10月頃になる予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します