サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガーI-PACEで充電旅、大阪→伊豆440km 高速道路の楽しみ方 EV「I-PACE」で行く「早春、大人の充電旅。第9回」

ここから本文です

ジャガーI-PACEで充電旅、大阪→伊豆440km 高速道路の楽しみ方 EV「I-PACE」で行く「早春、大人の充電旅。第9回」

ジャガーのEV、I-PACEで鹿児島から東京まで1,800km、桜前線を追いかけながら5日間かけて行う充電旅。4日目の朝は、「ザ・リッツ・カールトン大阪」で迎えた。昨晩は近くの繁華街・福島で深夜まで飲んでいたが、I-PACEの充電が気になり、朝6:00に自然と目覚めてしまった。というのも、今日は大阪から静岡県伊東市まで440kmと、この5日間で一番の距離を移動しなくてはならないが、I-PACEはバッテリーが14%、航続可能距離は63km分しか残っていなかったからだ。

無料で時間制限なしの神様的なEV充電スタンド発見!
ホテルで朝食をとりながら余裕の急速充電

ジャガーI-PACEで充電旅。EV充電器付きの高級温泉旅館「星野リゾート 界 アンジン」に宿泊 桜前線は追えるのか!? ジャガーのEV「I-PACE」で行く「早春、大人の充電旅。最終回」

早朝からEV充電スタンド検索アプリで、周囲の充電スタンドを検索。すると「タイムズ24 桜橋駐車場」のCHAdeMO急速充電器(50kW)がひっかかった。広島の夜、航続可能距離10%から満充電になるまで急速充電器で4回連続充電したが、同じことを今朝も繰り返して満充電にしておかないと、残量を気にしながらのハラハラ旅になってしまう。「出発は満充電で!」これは充電旅で欠かせないことだと、今回の旅で学習した。

充電スタンドのある桜橋駐車場までは、宿からクルマで5分。さっそく訪れると、場所は新地の大通りの真ん中からアクセスする地下駐車場であった。ゲートを超えて進んでいくと、一番奥に黄色い充電スタンドを発見。さっそくカードをタッチして充電を開始しようとするがカードは不要で、そのままスタートボタンを押せばよいとのこと。「また30分後に来なきゃだめか」と思っていると、なんと充電時間の表示が残り2時間と出ている。ここの急速充電スタンドは30分の時間制限がなく、満充電まで連続充電ができるタイプだったのである。しかもカードが不要で完全無料! なんと素晴らしい! これなら一旦ホテルの部屋で寛ぎ、朝食をとりつつ充電完了まで優雅な朝のひとときを過ごせる。充電器の黄色がまるで黄金、神様のように見えてきた。

充電開始は6時45分。カメラマンと朝8時に朝食の約束をしていたのだが、ちょうど朝食が終わるころに充電も完了するはずだ。まだ8時までは時間があるので、朝の大阪を散歩することにした。充電旅は一日中クルマで移動するため、自ら歩かないと運動不足に陥ってしまう。昨晩飲み明かした福島周辺を散歩してみると、夜とは違った風景が広がる。福島駅には大黒天の壁画アートが描かれ、ダウンタウン松本さんの大きなポスターとあわせて、なんとも大阪っぽい。

ジャガーのアプリ「JAGUAR REMOTE」でバッテリー容量を確認しながら、のんびりザ ・リッツ・カールトン大阪で朝食というのは、まさに今回の旅のテーマである「大人の充電旅」である。しかも充電場所が桜橋ということで、キーワードの桜にもかかっているではないか!

満開の桃の花、大阪城とI-PACEを撮影し
目指すは440km先のリゾートホテル


朝食をとって満充電のI-PACEを引き取り、ホテルチェックアウトが9時半。大阪城付近で桜が咲いていないか市内をドライブすることにした。大阪城、桜、I-PACEの3つを1つのフレームに収めることができれば最高なのだが、桜はまだ開花していない。だが、その近くになんとも鮮やかな桃の花が満開となっていた。ピンク色の花が通りかかる人の足を止め、それぞれがスマホで撮影をしている。I-PACEとも無事記念撮影をし、いよいよ次の440km先の目的地であり宿泊先の「星野リゾート 界 アンジン」に向かう。

最新の急速充電器でI-PACEを充電
名神高速道路 草津PAの中は桜で満開!


阪神高速から名神高速に入り、12時20分に滋賀県の草津PAで充電を兼ねて、休憩することにした。すでに2台のリーフが充電をしていたが、1台の充電スタンドから充電ケーブルが2つ伸びており、仲良く2台で一緒に充電していた。手前のリーフの方に話を聞くと、この充電器は最大出力90kWの最新急速充電器で2台の場合は出力を分けることになるが、1台の場合クルマが対応していれば最大出力で充電することができるとのこと。お話を聞いている間にその方のリーフが満充電となったので、I-PACEを充電してお土産を物色することにする。

草津PAのお土産コーナーでは桜が満開。地元のお菓子がパッケージと中身を桜でアレンジした限定パッケージが花盛りであった。PAのレストランで食事とも考えたが、贅沢旅というテーマでもあるので、浜松で一旦高速を降りてうなぎという後日程が控えているため、ここは大津名物「三井寺力餅」で乗り切ることに。I-PACEはバッテリー容量94%まで回復した。

伊勢湾自動車道から新東名高速道路に
1時間走行したら充電というリズムで、疲れ知らず


その後、伊勢湾自動車道に入った我々は、14時30分に愛知県 刈谷PAに到着。本日3回目の急速充電をするとともに、ここでランチ。うなぎはあきらめて「いきなりステーキ」をランチに。バッテリー容量を87%まで回復させ、出発することにした。この日は大阪で撮影したあとはほぼ高速道路での移動という予定なのだが、1時間半置きにI-PACEを充電させながら、我々もPAで休むというリズムができ、ステアリングアシスト付のアダプティブクルーズコントロール・ドライビングアシスタンスを使用しているおかげもあり、運転疲れというものは感じなかった。

その後も高速道路のドライブを続けて新東名高速道路に入り、16時45分に静岡県の「NEOPASA清水」に到着。ここから目的地の伊東までは1時間45分ということで、30分充電と休憩をすれば19時頃にはホテルに到着できるはずだ。NEOPASA清水には、バイク用品でお馴染み「KUSHITANI」のカフェや店舗もあり、店舗を眺めているだけでも30分はあっという間に経過してしまう。私はわさびソフトクリームを食べながら散歩。I-PACEは航続可能距離317kmを残し、86km先の星野リゾート 界 アンジンへは19時ジャストで無事に到着したのであった。

EV充電器を備えた星野リゾート 界 アンジンで迎えた、充電旅最終日の様子はまた次回。

 

ジャガー I-PACEのお問い合わせ
https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/i-pace/special-site/index.html







ジャガーI-PACEで充電旅。EV充電器付きの高級温泉旅館「星野リゾート 界 アンジン」に宿泊
桜前線は追えるのか!? ジャガーのEV「I-PACE」で行く「早春、大人の充電旅。最終回」を読む

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します