サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 阪口晴南が代役ながらポール獲得。速すぎトヨタGRスープラがトップ5占拠【第1戦岡山GT500予選】

ここから本文です
 2年ぶりに開幕戦の地としてシリーズ復帰を果たした2021年スーパーGT開幕戦、岡山国際サーキットでのGT500クラス公式予選は、地元オープニングラウンドで“岡山マイスター”ぶりを発揮しQ1突破を果たした平川亮と、代役参戦ながら見事なアタックで最速を刻んだ阪口晴南の37号車KeePer TOM’S GR Supraがポールポジションを獲得。最終戦の最終コーナー立ち上がりで敗れた2020年ランキング2位の雪辱を期すべく、まずは幸先良く最前列を確保した。

 3月から全国的に雨がらみの週末が続いた天候も一転。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン