サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、戦略変更に応じないチームに怒り「2ストップで走ったら優勝の可能性があった」メルセデス/F1第7戦

ここから本文です

 2021年F1フランスGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは4位を獲得した。

 ボッタスは3番グリッドからミディアムタイヤでスタートし、トップ勢のなかでは一番早い17周目にハードに交換。レース後半はルイス・ハミルトンに次ぐ2番手を走るが、2回ストップのマックスフェルスタッペンに抜かれ、数周新しいタイヤで走るセルジオ・ペレスにも前に出られて、表彰台を逃した。

残り2周でレッドブルに敗れたハミルトン「直線スピードの差が大きく、戦略的にも手詰まりだった」F1第7戦決勝

 ボッタスはチームへの無線で「2ストップのレースだと言っているのに、なぜ誰も僕の意見を聞かないんだ?」と憤りを示した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン