サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ズルイと言われようが勝負の世界は厳しい! 「後出しジャンケン」で「大ヒット」したクルマ3選

ここから本文です

ズルイと言われようが勝負の世界は厳しい! 「後出しジャンケン」で「大ヒット」したクルマ3選

 全長×全幅×全高まで同サイズで勝負!

 いつの時代もクルマの流行というものはあるもの。そんな流行を作り出した先行者がいれば、それを研究してさらにいいものを出そうとする後追いの者もいるというのは当然の流れと言えるだろう。

人気ジャンルに投入も鳴かず飛ばず! 後出しじゃんけんなのに「売れなかった」クルマ3選

 今回はそんなライバルを徹底的に分析し、後発車のアドバンテージを有効に活用して大ヒットを記録したモデルを振り返ってみたい。

 1)ホンダ・ストリーム→トヨタ・ウィッシュ

 1990年代後半から始まったミニバンブームのなかで、2000年に登場したストリームは3列シートを備えながらも5ナンバーサイズで、スポーティな雰囲気を持つモデルとして瞬く間に大ヒット車種となった。

 それを十分に研究し、2003年に登場したトヨタ・ウィッシュは、全長、全幅、全高までもまったくストリームと同サイズという完全に打倒ストリームを目標として生まれたモデルだ。

 上級グレードは2リッターと同一ながら、ベースグレードはストリームの1.7リッターに対し1.8リッターエンジンを搭載しつつスタート価格はストリームとまったく同額の158万8000円とするなど、消費者心理を巧みにくすぐる差別化を図ることで、ストリームに差をつけることに成功したのである。

 ハイブリッド先駆者として格の違いを見せつけたモデルも!

 2)日産エルグランド→トヨタ・アルファード

 それまでどちらかというと多人数乗車ができることに主眼が置かれていたミニバンに、「高級」というキーワードを持ち込んで大人気車種となったエルグランド。トヨタもすでに販売されていた大型ミニバンのグランビアをベースに、より高級な雰囲気をまとったグランドハイエースをリリースするも、付け焼刃ではエルグランドに太刀打ちすることはできなかった。

 そこで、2002年にエルグランドが2代目へとフルモデルチェンジを実施するタイミングに合わせて、新型高級ミニバンとしてアルファードを投入。より押し出し感の強いエクステリアと、広い室内空間を実現するために、FFレイアウトを採用し、FRレイアウトのエルグランドと差別化を図った。

 さらに、2.4リッターエンジン搭載グレードも用意することで、幅広いユーザー層を獲得。エルグランドも遅れて2.5リッターモデルを投入したが、アルファード人気に待ったをかけるまでには至らなかった。

 3)ホンダ・インサイト→トヨタ・プリウス

 ハイブリッドカーの代名詞とも言えるプリウス。2代目からは空力を考慮した5ドアハッチバックとなり、4代目となった現行型でも、その燃費性能はトップクラスをキープしている。

 そんなプリウスに後出しジャンケンを挑んだのが2009年に登場した2代目インサイトで、初代の2ドアクーペスタイルを投げ捨ててプリウスと同じ5ドアハッチバックとなり、価格も当時のプリウスを大きく下まわる189万円~(デビュー時)という挑戦的な価格でプリウスの牙城を崩しにかかったのだ。

 しかし、同じく2009年に3代目へフルモデルチェンジを果たしたプリウスは、1モーターのインサイトに対して2モーターであることをアピール。モーターのみの走行ができないことをカタログでやんわりと揶揄するなど、ハイブリッド先駆者として格の違いを示しただけでなく、従来型を「プリウスEX」という名前でインサイトと同額で販売するなど、王者の貫禄を見せつけたのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します