サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 来年再上陸するオペルの成功は“庶民派ドイツ車”という地味キャラをどう見せるかにかかっている

ここから本文です

ドイツのオペルが15年ぶりに日本に帰ってくる

少し前から話題になっていましたが、2月18日、ドイツの自動車メーカー「オペル」が、2021年後半に日本で復活すると発表しました。

2006年に撤退したオペルですが、90年代後半の最盛期には日本で年3万8000台超を売り上げたこともあります。「ヴィータ」「ザフィーラ」「ベクトラ」といったモデルを覚えている人も多いのではないでしょうか。

最近の大きな変化として、2017年にGM(ゼネラルモーターズ)傘下からプジョーやシトロエンが属するPSAグループの一員となっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ