サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハヤブサ対抗? 最新電脳でカワサキ ニンジャZX-14Rが復活するか?!〈YM未来予想〉

ここから本文です



まだ不確実情報だが、状況的には”大アリ”

ユーロ5対応完了のCB1000R、いよいよ派生車展開を発動するのか?!〈YM未来予想〉

カワサキの世界最速フラッグシップとして君臨したニンジャZX-14R。排ガス規制のために国内や欧州では’19モデル限りでファイナルとなってしまったが、この14Rを復活させても良いのでは? と思える状況が揃いつつある。

ZX-14Rの後継車はスーパーチャージドツアラーのニンジャH2 SXだが、少なくとも日本では14Rの方が売れている。

おすすめのニュース

サイトトップへ