サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 総勢30台! いまが買い 価格帯別・キャンピングカー バイヤーズガイド

ここから本文です

総勢30台! いまが買い 価格帯別・キャンピングカー バイヤーズガイド

 キャンピングカーの人気が高まっている。

 キャンピングカーの国内保有台数は12万台を超え、一般ユーザーにとっても、「クルマ選び」の選択肢としてのキャンピングカーが浮上してきた様子がうかがえる。

オデッセイと並ぶミニバンブームの立役者! トヨタ イプサムの「選択」のなぜ【偉大な生産終了車】

 そんなキャンピングカーの購入時のポイントや価格帯ごとの代表モデルたちをご紹介しよう!

●トピック
・一般乗用車の上級モデル程度の予算で購入可能!?
・購入時に確認すべきチェックポイント5
・400~600万円台のキャンピングカーたち
・600~800万円台のキャンピングカーたち
・800~1000万円台のキャンピングカーたち
・番外コラム01…「オーバー1000万円」という選択肢
・番外コラム02…防災を意識した購入者も増加中!
・番外コラム03…内緒で伝授!? 賢く買って、維持する方法

※本稿は2021年5月のものです。紹介している車種はオプションや仕様によって総額が変わるモデルがあります。
文/渡辺圭史 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年6月26日号

【画像ギャラリー】「アンダー400万円でも買えるキャンピングカー」たちもプラス! 今が旬のモデルをギャラリーでクイック&総チェック!!!

■一般乗用車の上級モデル程度の予算で購入可能!?

 まだまだキャンピングカーは憧れの存在という人も多いかもしれない。しかし、実は国産キャンピングカーでさえ、さまざまなモデルが生産されており、意外と身近な存在になっている。価格帯も幅広く、一般乗用車の上級モデルを購入するのと変わらないコスト感になってきた。

 キャンピングカーは一台のクルマに長く乗る傾向があるので、長期的なスパンで考えるとコストパフォーマンスが高い。さらに、キャンピングカー需要の高まりによって、中古車市場でも高値で取引されることも多く、リセールバリューにも期待できる。

 また、新型コロナウイルス対策の影響もあって、他人との接触を避けながら移動できることも注目されている。移動も宿泊も限られたパートナーや仲間だけで行動できるのが、大きなアドバンテージとなった。このように、いろいろな理由でキャンピングカーが注目されている。

 実際にキャンピングカーを見てみると、キャンパー仕様と呼ばれる、簡素な装備であれば、100万円台から購入できるモデルもある。キャンピングカーらしい豪華な装備を求めるのであれば、もちろん価格は高くなるが、とはいえ高級車と同価格帯のモデルも多々ある。

 クルマの買い替えスパンを見直して、これまで2台のミニバンに乗り継いだ期間を、キャンピングカー1台で過ごすことができるのなら、キャンピングカー購入のほうが安くなることも。また、保有年数が長くなるのなら、長期ローンを組むこともできる。

 今回の記事を読めば、キャンピングカーがグッと身近に感じるのではないだろうか。

●必要充分な装備と取り回し…400万円~600万円台のキャンピングカーたち

 キャンピングカーとして必要充分な装備を備えつつ、一般車に近い金額で購入できるモデルも数多い。軽キャンパーの上位モデル、ミニバンやワンボックスをベースとしたバンコンバージョン(バンコン)モデルがこの価格帯だ。

必要充分な装備を備えつつ、一般車に近い金額で購入できる400万円~600万円台の価格帯

●多種多彩なボリュームゾーン…600万円~800万円台のキャンピングカーたち

 豪華なインテリアや電化製品を装備したバンコンの上位モデルや、キャブコンバージョン(キャブコン)モデルのスタンダードクラスが、この価格帯にラインナップされている。「これぞキャンピングカー」という車種が多い。

「ザ・キャンピングカー」ともいうべきラインナップが揃う600万円~800万円台の価格帯

●豪華な装備と豊富な電力…800万円~1000万円台のキャンピングカーたち

 一般乗用車の上級モデルより、さらにプラスアルファの予算が必要となるクラス。もはや動くワンルームマンションともいえる豪華装備で、自宅同様の電化製品が使用できる。長期ローンや残価設定ローンなどを活用するのも手だ。

自宅同様の電化製品が使用できる800万円~1000万円台の価格帯。一般乗用車の上級モデルより高いと言える

■購入時に確認すべきチェックポイント5

 いざキャンピングカーを購入しようとした時、どのようにクルマを選べばいいのだろうか。これまでのクルマの買い方とは少し違うチェックポイントを確認してみよう。

 一般的なクルマの購入では、あまり気にしていなかったチェックポイントも多い。せっかく購入したキャンピングカーが思っていたのとは違っていた、ということがないようにしたい。

 そこで、まず最初に確認すべきこととして考えておきたいのが次の5項目。「目的」「サイズ」「諸経費」「納期」「維持費」のポイントを押さえて失敗を避けよう。

●目的…まず最初に考えることは、どのように使いたいのか。使っていくうちに、そのスタイルが変化することは問題ないが、最初にやりたいことをイメージするとクルマの種類も決まってくる。キャンプしたいのか、旅行に行きたいのか、目的を定めることが大切になる。

●サイズ…インテリアばかり気にしすぎて、駐車場に入らなかったという人も多い。自宅までの道路で通れない場所があった、という事例もある。また、大きくて運転が億劫になり、利用しなくなることも。一般的な駐車場は長さ5mが目安となるから要注意。

●諸経費…一般車と同じ程度の諸経費で済む車種もあれば、諸経費で本体価格の1.5倍になる車種もある。表示価格に何が含まれているのか、チェックしておくこと。使いたい設備のほとんどがオプションの場合もあり、最終的な見積もりで予算オーバーになることも。

●納期…キャンピングカーは家と同じで、注文を受けて、仕様を決めながら製作するケースがほとんど。現在の人気モデルになると納期まで1~2年というクルマもある。早くても6カ月はかかると考えておきたい。

●維持費…クルマとしての税金などは「大型車」とさほど変わらない。ただし、サブバッテリーの交換や水回りの修理など、キャンピングカーとしてのキャビンにもメンテナンスが必要になる。購入店にアフターメンテナンスの体制が整っているかもチェックしたい。

■ミニバンと同等クラスのキャンピングカー選び:400~600万円台のキャンピングカーたち

●400~600万円台のキャンピングカーモデル 購入ポイント

 使う人の人数を限定したり、機能性重視で装備品を選べば、400~600万円台でもキャンピングカーを購入できる。一般車との価格差も少なく、乗り換え時に選択肢のひとつとしてキャンピングカーを比較するなど、気軽に考えててみるのがお薦め。

■シンプルな外観と充実の車内…ナッツRV/リーク(495万円~)

 シンプルな外観で普段乗りも使いやすいデザイン。外観はノーマル風ではあるが、車内はくつろぎのリビングが広がっている。ボディに断熱処理が施されているので、冬は暖かく、夏は涼しい。

●乗車定員:7~8名 ●就寝人数:4名●サイズ:5380×1920×2285mm ●問い合わせ先:ナッツRV(電話:093-293-8888)

ナッツRV/リーク(495万円~)

■2ルームを実現したレイアウト…OMC/北斗(477万4000円~)

 ハイエースのワイドミドルルーフを利用しながら、上位車種と同じ機能性を詰め込んだモデル。街中でも運転しやすいサイズでありながら、常設2段ベッドとリアエリアの2ルームを実現している。 

●乗車定員:5名 ●就寝人数:2名 ●サイズ:4840×1880×2100mm ●問い合わせ先:OMC(電話:042-520-6440)

OMC/北斗(477万4000円~)

■レトロテイストを楽しむ…M.Y.Sミスティック/レジストロアウル(488万円~)

 タウンエースをベースにレトロなキャビンをドッキングしたキャンピングカー。ウッディなテイストのインテリアが人気。軽量ボディを採用しているので、走りも充分なパワーを感じられる。

●乗車定員:6名 ●就寝人数:5名 ●サイズ:4680×1910×2610mm ●問い合わせ先:M.Y.Sミスティック(電話:055-277-4713)

M.Y.Sミスティック/レジストロアウル(488万円~)

■ポップな印象のタウンエース…ステージ21/リゾートデュオ バンビーノ プラス(414万9200円~)

 タウンエースをベース車両にしたモデルで、ポップなデザインが特徴。ルーフ部分が大きく立ち上がり、室内は広々としている。リアハッチも装備され荷物の出し入れも楽々。電源装備も充実している。

●乗車定員:4名 ●就寝人数:3+1名 ●サイズ:4590×1870×2100mm ●問い合わせ先:ステージ21(電話:042-763-0061)

ステージ21/リゾートデュオ バンビーノ プラス(414万9200円~)

■機動性抜群のコンパクトキャブコン…かーいんてりあ高橋/ネオユーロ(473万円~)

 タウンエースをベースに、あえて全幅を抑えたキャビンを架装。狭い道でも安心してドライビングできる取り回しのしやすさが人気。スライドアウトモデルもあり、宿泊時に室内を広げることも可能。 

●乗車定員:6名 ●就寝人数:4名 ●サイズ:4490×1720×2580mm ●問い合わせ先:かーいんてりあ高橋(電話:026-285-6390)

かーいんてりあ高橋/ネオユーロ(473万円~)

■ペットとの旅行に最適なモデル…ダイレクトカーズ/リトリートNV POP(505万円~)

 NV200をベース車両にしたモデルで、乗車定員を2名としている。リアにペットなどのケージを置けるスペースを確保し、ペットとの旅を楽しめるモデル。ポップアップテントを利用すれば、大人2名が広々と寝られる。 

●乗車定員:2名 ●就寝人数:2~3名 ●サイズ:4410×1690×2000mm ●問い合わせ先:ダイレクトカーズ(電話:059-253-8888)

ダイレクトカーズ/リトリートNV POP(505万円~)

■寝台車を再現したインテリア…OMC/銀河(513万7000円~)

 寝台列車のような包み込まれる上質な空間を提供してくれるバンコンタイプのキャンピングカー。常設2段ベッドが設置され、ストレスフリーなふたり旅に最適。リアにはトイレを置ける部屋まである。 

●乗車定員:7名 ●就寝人数:3名 ●サイズ:5380×1880×2380mm ●問い合わせ先:OMC(電話:042-520-6440)

OMC/銀河(513万7000円~)

■広々としたバンライフスタイル…ダイレクトカーズ/リトリートスーパーロング(582万円~)

 ハイエーススーパーロングのボディを活かした広々とした室内が特徴。無垢の木材を使ったウッディな空間が広がる。キッチンが車外に飛び出す、スライドアウトキッチンはキャンプでも活躍してくれる装備。 

●乗車定員:5名 ●就寝人数:2+3名 ●サイズ:5380×1880×2285mm ●問い合わせ先:ダイレクトカーズ(電話:059-253-8888)

ダイレクトカーズ/リトリートスーパーロング(582万円~)

■機能性を手に入れる 快適キャンピングカー群:600~800万円台のキャンピングカーたち

●600~800万円台のキャンピングカーの購入ポイント

 この価格帯は、基本的なキャンピングカーとしての設備は整いつつ、さらに新たに充実した設備が追加されているモデルが多い。キャブコンバージョンモデルも購入できる価格帯で、よりキャンピングカーらしさを楽しむのであれば、バランスの取れた価格帯といえる。

■高い断熱効果で快適性アップ…ナッツRV/クレア5.0(653万8000円~)

 オリジナルの高断熱コンポジットパネルを採用。高い断熱効果を発揮し、冬は暖かく、夏は涼しい。クレア5.0は全長5mを切っているので、街中でも扱いやすいサイズで、ドライビングしやすい。 

●乗車定員:6名 ●就寝人数:5~6名 ●サイズ:4990×2080×2910mm ●問い合わせ先:ナッツRV(電話:093-293-8888)

ナッツRV/クレア5.0(653万8000円~)

■日本らしさを感じるキャブコン…ダイレクトカーズ/伊勢志摩(632万円~)

 全長5mを切ったキャブコンバージョンモデル。室内は落ち着いた雰囲気で、和テイストが漂う。伊勢志摩の伝統工芸をあしらった内装など、日本らしさを感じるデザインや素材が随所に散りばめられている。 

●乗車定員:6名 ●就寝人数:6名 ●サイズ:4990×2130×3000mm ●問い合わせ先:ダイレクトカーズ(電話:059-253-8888)

ダイレクトカーズ/伊勢志摩(632万円~)

■北米らしさを感じるデザイン…M.Y.Sミスティック/アンセイエ(745万6000円~)

 トヨタのダイナをキャンピングカー専用車両としたカムロードをベースにしている。北米のクラシカルな雰囲気が漂うが、走りは徹底的に強化され、最新鋭の電源設備などが揃い、機能性が高い。

●乗車定員:7名 ●就寝人数:5名 ●サイズ:4985×1980×3000mm ●問い合わせ先:M.Y.Sミスティック(電話:055-277-4713)

M.Y.Sミスティック/アンセイエ(745万6000円~)

■3列シートと2段ベッドで快適旅…レクビィ/ファイブスターセプト(611万7100円~)

 リアに縦レイアウトの常設2段ベッドがあり、3列シートと防水加工されたサニタリールームまで装備している。テーブルをセットでき、フロントシートとセカンドシートを使ったリビングレイアウトも可能。 

●乗車定員:7名 ●就寝人数:3+3名 ●サイズ:5380×1880×2400mm ●問い合わせ先:レクビィ(電話:0561-41-3613)

レクビィ/ファイブスターセプト(611万7100円~)

■大きなリビングスペースを展開…VANTECH/コルドリーブス(667万2000円~)

 FRP一体成形で安全性の高いボディを採用。リアエントランスレイアウトで、リビングエリアには大きなテーブルを設置し、大人数で利用できるスペースを展開。クローゼットなどの収納スペースも豊富。

●乗車定員:7名 ●就寝人数:5名 ●サイズ:4990×1980×2960mm ●問い合わせ先:VANTECH(電話:04-2936-6528)

VANTECH/コルドリーブス(667万2000円~)

■バッテリーだけでエアコン稼働…ナッツRV/クレソンエボライト(718万1900円~)

 電源システムが強化されたモデル。家庭用エアコンが標準装備され、搭載バッテリーだけで、8時間のエアコン使用を可能にした。充電システムも強化されており、短時間の走行でフル充電できるパワーを誇る。

●乗車定員:7名 ●就寝人数:6名 ●サイズ:4990×2080×2900mm ●問い合わせ先:ナッツRV(電話:093-293-8888)

ナッツRV/クレソンエボライト(718万1900円~)

■ゆとりのある旅に最適…レクビィ/カントリークラブ(606万2100円~)

 リアにシンクやシャワーを装備した大きな防水ルームを設置。ベンチシートになる2段ベッドに加えて、ゆとりのあるシングルシート2脚でリビングエリアを形成している。余裕を感じる優雅な旅にピッタリ。 

●乗車定員:7名 ●就寝人数:4名 ●サイズ:5380×1880×2400mm ●問い合わせ先:レクビィ(電話:0561-41-3613)

レクビィ/カントリークラブ(606万2100円~)

■電源を強化してエアコン標準搭載…東和モータース販売/ツェルトキリマ(621万5000円~)

 クーラーを標準搭載したハイエースベースのバンコンバージョンモデル。サブバッテリーは3個搭載され、リチウムイオンバッテリーも選べる。外部電源なしでもクーラーが利用できるので、熱帯夜も快適。

●乗車定員:7~8名 ●就寝人数:4名 ●サイズ:5380×1950×2285mm ●問い合わせ先:東和モータース販売(電話:03-3303-1146)

東和モータース販売/ツェルトキリマ(621万5000円~)

■安定した走りが自慢の一台…ファンルーチェ/ウラルエイジア(720万5000円~)

 ハイエースをベースにしたキャブコンバージョン。リアにダブルベッドを設置し、その下に大きなラゲッジスペースを確保。運転席上部のバンク部分は収納スペースとし、6人乗れるが、ゆったりとふたり旅にちょうどいいサイズ感。 

●乗車定員:6名 ●就寝人数:2+2名 ●サイズ:4825×1920×2690mm ●問い合わせ先:キャンピングカーランド(電話:0561-75-4488)

ファンルーチェ/ウラルエイジア(720万5000円~)

■ホテルライクなバンコンモデル…サンリビング/V60SPE(757万9000円~)

 ヨーロッパのバンコンスタイルといえば、このフィアットデュカトをベース車両にしたモデルが定番。サンリビングはカジュアルでありながら、上質なインテリアが特徴のブランド。装備もラグジュアリー。

●乗車定員:4名 ●就寝人数:2名 ●サイズ:5998×2050×2595mm ●問い合わせ先:デルタリンク(電話:086-429-3337)

サンリビング/V60SPE(757万9000円~)

■ワンランク上の旅を実現する上質なインテリア空間:800~1000万円台のキャンピングカーたち

●800~1000万円台のキャンピングカーの購入ポイント

 設備、サイズは申し分のないクラス。インテリアの質感やエアコンなどのオプションの充実度などに違いがあるので、より快適性を求めながら、クルマを見比べるといいだろう。税金の金額が大きくなってくるので、必ず税込価格でチェックすることもお忘れなく。

■アクティブ派におすすめの一台…サンライト/クリフ540 アドベンチャーエディション(880万円~)…フィアットデュカトをベース車両にした輸入車バンコンモデル。国内でも扱いやすいサイズで、リアに大きなラゲッジスペースがある。高い機動性と積載力でアクティブなユーザーにおすすめのモデル。

●乗車定員:4名 ●就寝人数:1+1名 ●サイズ:5410×2050×2650mm ●問い合わせ先:東和モータース販売(電話:03-3303-1146)

サンライト/クリフ540 アドベンチャーエディション(880万円~)

■ハイグレードなEVOキャブコン…東和モータース販売/ヴォーンエクスクルーシブ(818万円~)

 リア2段ベッドにバンクベッドを備えたキャブコンバージョンモデル。インテリアをハイグレード仕様にして、アイドリングだけでサブバッテリーの充電が復活する「EVOシステム」を搭載している。 

●乗車定員:6~7名 ●就寝人数:6名 ●サイズ:5190×2100×2860mm ●問い合わせ先:東和モータース販売(電話:03-3303-1146)

東和モータース販売/ヴォーンエクスクルーシブ(818万円~)

■豪華な標準装備が盛りだくさん…ダイレクトカーズ/モビリティホーム(933万円~)

 ハイエースベースのキャブコンバージョンモデル。運転席上部のバンク部分が低く抑えられたロープロファイルデザインでスタイリッシュな印象を受ける。標準装備で電子レンジやエアコンまで装備された。 

●乗車定員:7名 ●就寝人数:6名 ●サイズ:5760×2000×2630mm ●問い合わせ先:ダイレクトカーズ(電話:059-253-8888)

ダイレクトカーズ/モビリティホーム(933万円~)

■老舗メーカーのロングセラー…VANTECH/ジル520(836万6000円~)

 進化し続けるロングセラーモデル。インテリアはラグジュアリーな空間に仕上げられている。トイレ&シャワールームはホテルライクな調度品が目を引く。大型冷蔵庫などが装備されたキッチンも機能的。 

●乗車定員:6~7名 ●就寝人数:5名 ●サイズ:5160×2110×2940mm ●問い合わせ先:VANTECH(電話:04-2936-6528)

VANTECH/ジル520(836万6000円~)

■走りを極めたロープロファイル…VANTECH/CC1アストラーレ(979万円~)

 キャラバンをベースにしたキャブコンバージョン。フロントウィンドウから立ち上がる流れるようなロープロファイルデザインを採用。スライドドアが使われているので、狭い場所でも乗り降りしやすい。 

●乗車定員:7名 ●就寝人数:3+1名 ●サイズ:4960×2060×2740mm ●問い合わせ先:VANTECH(電話:04-2936-6528)

VANTECH/CC1アストラーレ(979万円~)

■バランスの取れた豪華な装備と走り…サンライト/T67S(968万円~)

 フィアットデュカトをベース車両にした輸入車キャブコンバージョンモデル。ヨーロッパらしい洗練されたインテリアが心地よい。ボイラーが付いているので、温水シャワーを利用することもできる。 

●乗車定員:4名 ●就寝人数:4名 ●サイズ:6960×2320×2900mm ●問い合わせ先:東和モータース販売(電話:03-3303-1146)

サンライト/T67S(968万円~)

■ファミリーでも使える余裕…ファンルーチェ/セレンゲティ(805万2000円~)

 ハイエースベースながら、リアに2段ベッドを装備し、大人5名、子ども2名が就寝できるスペースを確保。トイレなどに利用できるマルチルームまで設置された効率のいいレイアウト。走りも高く評価されている。

●乗車定員:7名 ●就寝人数:5+2名 ●サイズ:4990×2100×2870mm ●問い合わせ先:キャンピングカーランド(電話:0561-75-4488)

ファンルーチェ/セレンゲティ(805万2000円~)

■落ち着いた雰囲気のインテリア…レクビィ/シャングリラ(980万1000円~)

 ラウンジのようなラグジュアリーな調度品が特徴で、大きなL型ソファを設置した落ち着きのある空間が広がる。広い防水シャワーユニットスペースもあり、家庭用エアコン、ヒーターなどを標準装備する。 

●乗車定員:5名 ●就寝人数:3名 ●サイズ:5380×1930×2610mm ●問い合わせ先:レクビィ(電話:0561-41-3613)

レクビィ/シャングリラ(980万1000円~)

■番外コラム3選

■01 「オーバー1000万円」という選択肢

 車両価格が1000万円を超えると、豪華でラグジュアリーな雰囲気が漂う。最高の時間を過ごす、特別なプライベート空間を手に入れることができる。このクラスには、国産車、輸入車ともに最高レベルの品質を誇るクルマたちがラインナップされている。

●購入ポイント…このクラスになると、実際に乗った時の感覚などが大切になってくる。できれば実際に乗ってみて、室内にいる時の心地よさを体感するのがいいだろう。ニューモデルで実車がない場合は最新の旧型でチェックして、何が変更されるかをちゃんと確認しておこう。

●ダイナミックなフルコンバージョン…デスレフ/グローブバスGTI1(1298万円~)…ボディ全体を架装メーカーが作るフルコンバージョンモデル。輸入車のダイナミックなレイアウトを楽しめるカテゴリーでもある。豪華なヨーロピアンデザインのインテリアが、ラグジュアリーな旅を演出する。

デスレフ/グローブバスGTI1(1298万円~)…●乗車定員:4名 ●就寝人数:4名 ●サイズ:5990×2200×2810mm ●問い合わせ先:東和モータース販売(電話:03-3303-1146)

■02 防災を意識した購入者も増加中!

 独立して電源を確保できたり、どこでも寝る場所として休息できるので、被災時のキャンピングカー利用が見直されている。自宅の駐車場にシェルターとして置いておけば、レジャーとしても使え、いざという時の安心感にもつながる。近年、自然災害が増えていることもあり、防災を意識したキャンピングカー購入者も増えてきている

■03 内緒で伝授!? 賢く買って、維持する方法

 キャンピングカーを購入、そして維持する時、お得な方法がある。設備によって大きく変動する車体価格など、キャンピングカーならではの手法で、知っておいて損はないだろう。

●シェアカーでの運用…キャンピングカー専門のシェアカーも存在している。キャンピングカーを購入したけど、年に数回しか乗らない人などは、平日の空いた時間にクルマを貸して、レンタル料金を得ることも可能。レンタルで得たお金でメンテナンスすればコスト削減にもなる。シェアリングサービスではCarstay(カーステイ)が人気だ。

●長期ローン&残価設定ローン…キャンピングカーは中古市場でも人気で、下取り価格も高いのが特徴。よって金融商品も豊富で、120回払いローンなども存在している。また、残価設定ローンを採用しているビルダーもあり、買取金額がローン残高を上回るケースも多々あるという。

●イベントで購入…年に数回、キャンピングカーを展示するイベントが開催されている。会場ではたくさんのクルマを同時に見られるので、欲しいクルマを見比べられるのがポイント。会場限定とした、特別オプション設定もあり、お得なモデルを購入するチャンス!

キャンピングカーの展示イベントは全国各地で開催されている

【画像ギャラリー】「アンダー400万円でも買えるキャンピングカー」たちもプラス! 今が旬のモデルをギャラリーでクイック&総チェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します