サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「F1ドライバーへの暴言は根絶されるべき!」とラッセル、心ない誹謗中傷が向けられる現状を痛烈批判

ここから本文です
 F1イギリスGPでは、予選2番手を獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に対してブーイングが行なわれるシーンも見受けられた。

 F1に限らず、どのようなスポーツにおいても特定のチームやドライバーを応援するあまり、そのライバルチームやドライバーに対し罵詈雑言を向けるファンは少なくない。そしてソーシャルメディアの発達により、ドライバーやチームに対して直接的にその感情を一方的にぶつけることが可能となったことで、そうした意見が益々顕在化している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン