サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年のル・マン24時間制したトヨタTS050ハイブリッド、3月7~8日のモースポフェス2020で走行

ここから本文です

2019年のル・マン24時間制したトヨタTS050ハイブリッド、3月7~8日のモースポフェス2020で走行

2019年のル・マン24時間制したトヨタTS050ハイブリッド、3月7~8日のモースポフェス2020で走行

 3月7~8日に鈴鹿サーキットで開催される『モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー』で、WEC世界耐久選手権を戦うトヨタTS050ハイブリッドが走行する。イベントに登場するのは2019年のル・マン24時間を制した車両だ。

 モースポフェスは、これまで行われていた鈴鹿サーキットのモータースポーツファン感謝デーが生まれ変わる形でスタートしたイベントで、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドとトヨタ自動車、本田技研工業が共催する。

3月開催のモースポフェス2020で本山、脇阪、道上の再戦決定! 日野レンジャーのデモランも

 また特別協力には日産自動車や川崎重工業、SUBARU、マツダといった国内主要メーカーが顔を揃え、カテゴリーはもちろん、メーカーの垣根をも超えたコンテンツが多数行われる。

 そんなモースポフェス2020でWEC世界耐久選手権を戦うトヨタTS050ハイブリッドが走行する。鈴鹿で雄姿を披露するのは2019年のル・マンウイナーカーとされているので、中嶋一貴とセバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソがドライブした8号車TS050ハイブリッドとなるはずだ。なお、デモランを担当するドライバーについてはアナウンスされていない。

 イベントではWRC世界ラリー選手権を戦ったトヨタ・ヤリスWRCや2019年のダカールラリーを戦った日野レンジャーなどによるデモランが行われるほか、本山哲、脇阪寿一、道上龍による『新・永遠のライバル対決』といった特別コンテンツも行われる。

 モースポフェス2020は公式ホームページで配布されている特別ご招待券があれば無料で入場できるので、春休みのレジャーとして足を運んでみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します