サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ、「ムーヴ キャンバス」フルモデルチェンジ DNGAを採用しターボモデル新設定

ここから本文です

ダイハツ、「ムーヴ キャンバス」フルモデルチェンジ DNGAを採用しターボモデル新設定

2022年7月13日 発売
149万6000円~191万9500円


■ 2016年から6年ぶりのフルモデルチェンジ

ダイハツ、「ムーヴ キャンバス」を一部改良。衝突回避支援システム「スマートアシストIII」採用

 ダイハツ工業は、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」を約6年ぶりにフルモデルチェンジして7月13日に発売する。価格は149万6000円~191万9500円。

 初代ムーヴ キャンバスは、デザイン性と機能性を両立した新感覚のスタイルワゴンとして2016年に誕生。自身のライフスタイルを楽しむ女性を中心に幅広い世代に支持され、累計販売台数は38万台を超え、新市場を開拓したというモデル。

 今回のフルモデルチェンジでは、初代のかわいらしさを継承しつつ時代に合わせて進化させた「ストライプス」と、上質で落ち着いた世界観で“大人の価値観・持論を表現できるクルマ”とした「セオリー」の、異なる2つの世界を創出。さらなるニーズの拡大も踏まえ、DNGAの展開やターボの新設定などにより、走りのよさも向上させるとともに、使い勝手のよさも進化させた。

 ストライプスは、等身大志向の若年層が共感できるクルマとして「わたしたち似てるよね。」をキャッチフレーズに、セオリーは、キャンバスの新しい世界の広がりを「大人のキャンバス、はじまる。」をキャッチフレーズに定めた。

■ DNGAの展開により基本性能を向上。ターボ+D-CVTの搭載で力強い加速感を実現

 DNGAによる高い基本性能をベースに、従来以上に徹底した聞き込み調査を行ない、ユーザーの運転における不安や悩みに寄り添う性能が造り込まれた。

 具体的には、運転中の苦手なシーンとして多数の声があった「駐車」「狭い道」といった場面でにおいて、落ち着いて操作ができるよう、適度な操作力と操舵後の戻りのよさを実現するステアリング制御を採用。DNGA展開による高い操縦安定性はそのままに、サスペンションチューニングを実施して、中長距離の移動でも快適に運転できる軽快な加速感、安定感のある乗り心地を実現した。

 パワートレーンについては、最高出力38kW(52PS)/6900rpm、最大トルク60Nm(6.1kgfm)/3600rpmを発生する最新の直列3気筒DOHC 0.66リッター「KF」型エンジンを搭載し、燃費性能(WLTCモード)と静粛性、発進性を向上。さらに、最高出力47kW(64PS)/6400rpm、最大トルク100Nm(10.2kgfm)/3600rpmを発生する直列3気筒DOHC 0.66リッターターボエンジンを新設定し、D-CVTと組み合わせることで、力強い加速感を実現した。

 ボディにおいては、DNGAの展開やハイテン材の使用率向上で強度を高めながら、50kgの車体軽量化を実現し、燃費(WLTCモード)や操縦安定性の向上に寄与している。

 なお、車体軽量化とエンジン制御を改良したことで、WLTCモードで22.9km/L(2WD/CVT/自然吸気エンジン搭載モデル)の燃費を実現し、従来モデル比で約10%燃費を向上させた。

 そのほかにも、シフト操作に連動したパーキングブレーキの作動やアクセル操作による解除で疲労軽減に寄与する電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールド機能も設定されている。

■ 個性を際立たせる2つのモデル、それぞれの特徴

 ストライプスでは、飾らない等身大志向の強い現代の価値観に合わせ、すっきりと洗練されたかわいらしさを表現。エクステリアデザインは、ムーヴ キャンバスの特徴であるスマイルフェイスをベースに、フロントデザインをすっきりさせたほか、全体的に丸みを強調させ、ボディラインでつややかさを表現した。

 インテリアデザインは、ホワイトを基調としたインパネを採用し、シンプルですっきりとした明るい内装とすることで、自分の部屋のようにくつろげるプライベート空間を実現。新開発のフルファブリックシートで、ソファのような座り心地のよさとした。

 ボディカラーは、新規開発色の「アプリコットピンクメタリック」「シトラスイエロークリスタルシャイン」の2色を追加した全8色の幅広いラインアップを設定。フレッシュなカラーやトレンドを意識した多彩な2トーンカラーも用意される。

 セオリーは、ストライプスとは異なる新たなデザインとして、シックで落ち着いた雰囲気を演出。エクステリアデザインは、シックなカラーにさりげなくアクセントとして輝くメッキ加飾を追加し、上質さを表現した。

 インテリアデザインは深みのあるブラウンとネイビーを組み合わせ、落ち着いた室内空間とした。また、本革巻のステアリングホイールやシフトノブの採用で、セオリーならではの上品さを演出するとともに、ストライプス同様に新開発のフルファブリックシートでソファのような座り心地のよさを実現した。

 ボディカラーには、シックな色合いであらゆるシーンと調和する全7色のモノトーンカラーをラインアップしている。

 また、メーカーオプションとディーラーオプションを組み合わせることで新たな世界観を提案する、3つのアナザースタイルパッケージを設定。

 ストライプス専用の「リラックススタイル」は、ホワイトやメッキをアクセントとした外装パーツとライトウッド調の明るい内装パーツで、かわいらしさを表現。

 セオリー専用として、メッキ中心の外装パーツに加え、ダークブラウンやさりげないメッキ調の内装パーツで上質感と落ち着きのあるシックな雰囲気を演出する「エレガントスタイル」と、ブラックを基調とした外装パーツ、ダークブラウンの内装パーツで、クラフト感と渋さを演出する「ビタースタイル」を用意した。

 さらに、女性ユーザーやスマホネイティブ世代を意識した使い勝手のよい機能や装備も採用。ついたてを上げて高さのある荷物を固定できるバスケットモードの機能が片手でセッティングできるようになり、操作性が向上した「置きラクボックス」や、バックななど手荷物の収納に便利なシートバックユーティリティフックを運転席と助手席に設定した。

 両側パワースライドドアでは、タッチ&ゴーロック機能の追加やウェルカムオープン機能を新設定。買い物帰りやテイクアウトの荷物で両手がふさがった状態でも快適な乗り降りを実現するなどの機能向上が図られている。

 加えて、室温25℃前後で42℃を2時間キープする保温機能付きの「ホッとカップホルダー」を新設定。運転席/助手席シートヒーターを一部グレードに標準装備したほか、停車時にメイク直しをしやすいバニティミラーや広々として飲食のしやすいインパネのスペースを確保。マスクなどの薄型小物が入るインパネアッパーボックスや、ボトルガムなどの小物が入るインパネロアボックスなどの収納を運転席から手が届く範囲に装備している。

 メーカーオプションとして、ワイヤレス対応のApple CarPlay機能を搭載したディスプレイオーディオを設定。音声認識機能に車両制御機能を追加し、音声のみでのエアコン操作やメーターの一部の情報、警告音の確認などが可能となり、利便性を向上させた。

 また、ワイヤレス充電規格Qiに対応したスマートフォンをインパネトレイに設置することでケーブルに接続せず充電可能になり、すっきりとしたインパネまわりを実現した。

 ディーラーオプションには、ダイハツ初となる10インチインチスタイリッシュメモリーナビと、前後方に加え室内録画も可能なドライブレコーダーを新設定した。

■ 安全性能も進化

 最新のステレオカメラの搭載により、衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能を夜間歩行者検知と追従二輪車検知に対応させるとともに検知距離、対応速度の向上を実現した予防安全機能「スマートアシスト」を設定。

 ブレーキ制御付誤発進抑制機能の採用により、万が一の踏み間違い時に急発進を抑制するほか、一部グレードではACC(アダプティブクルーズコントロール)を採用し、長距離運転や高速走行時の運転負荷軽減に寄与するとした。

 安全なドライブをサポートするディーラーオプションとして、車線変更時等に接近してくる後方車両を検知し、ピラーに設置したインジケーターとブザー音でドライバーに知らせることで、衝突回避を補助する「BSM(ブラインドスポットモニター)」を用意。専用の電子カードキーによるドア解錠で急アクセル時の加速を抑制する機能が作動し、障害の有無に関わらず、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを検知すると警報ブザーとメーター部のディスプレイ表示でドライバーへ注意喚起し、クルマの加速を抑制する「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)システム」も用意された。

 なお、緊急時以外の様子の見守り機能も充実した、最新のダイハツコネクトを採用。スマートアシストの作動回数を過去7日分表示し、安全運転を促進する「スマアシレポート」、ドアロックやハザードランプ消灯忘れなどをスマートフォンに通知する「うっかりアシスト」を新設定するとともに、ディスプレイオーディオやコネクト対応ナビ、スマートフォンに車両のメンテナンス時期を通知する機能や、リコール開示日10~18か月後時点で未実施の場合、スマートフォンに通知をする機能、過去1年分の走行履歴を記録する機能が追加された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら