サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 災害時の電源供給にも、日本交通がコンセント付車両を導入開始

ここから本文です
日本交通は、アクセサリーコンセントを設置した、トヨタ『ジャパンタクシー』改良車の導入を9月より開始した。

今回、導入するジャパンタクシーは、トヨタが2021年5月より発売した一部改良モデル。停電などの非常時に給電が可能なアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント1個)をオプション設定できる。日本交通では、今後導入するジャパンタクシーはアクセサリーコンセントを装備するものとし、まずは2021年9月度に81台を導入、その後2021年12月末までにさらに64台と、年内に計145台を導入する予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ