サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2023年のWRC日本ラウンド開催に向け、豊田市が運営主体に名乗り。補正予算案提出へ

ここから本文です
 11月26日、豊田市は2023年から3年間のWRC世界ラリー選手権“日本ラウンド”について、同自治体が運営主体となって大会を開催する準備を進めるため、12月市議会定例会に補正予算案を提出すると発表した。

 2017年からWRCに参戦しているトヨタの本社所在地である豊田市は、2022年11月10~13日に開催されるWRC第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の舞台となる自治体のひとつ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ