サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SYNTIUM LMcorsa GRスープラ、サバイバル戦となった500kmバトルを勝ち抜く【第2戦富士GT300決勝】

ここから本文です
 5月4日、2021年のスーパーGTの第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』の決勝レースが、富士スピードウェイで行われ、GT300クラスはSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が長距離500キロの激戦を制し、吉本にとっては通算6勝目、そしてスーパーGT参戦2年目の河野は初優勝を飾った。2位にはポールポジションスタートのSUBARU BRZ R&D SPORTが、3位にはARTA NSX GT3が続いている。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、昨年は7月に開幕を迎えたスーパーGT。

おすすめのニュース

サイトトップへ