サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1中堅チーム、予算上限を約108億円まで引き下げ要求。フェラーリは従業員の一時解雇も視野に

ここから本文です

 F1の小規模チームは、新型コロナウイルス危機によるF1界の景気後退の影響を最も受けやすい。彼らは、2021年の予算上限を1億7000万ドル(約184億円)から1億ドル(約108億円)まで引き下げることを求めている。

 2020年の選手権は開幕から中止や延期が相次いでいて、晩夏までレースが開催されない可能性があることにより、F1は多大なダメージを負うことになる。収益の下落はF1の商業権保有者であるリバティ・メディアにまで及び、チームもまた大幅な収益減に備えている。

「常設のシルバーストンでは複数回のF1開催が可能」と代表が発言。2戦目は逆回りレイアウトを提案

 F1はコスト削減に向けた一連の対策により、収益源の影響による赤字を軽減させようとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ